FX相場の匠 blog

デイトレ

6月27日 早朝

おはようございます。

 

今日も時間が無い中での日記ですが、

相場、やや動いていますが、

私生活が慌ただしいので、忙しいで…。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20170627034142p:plain

大まかに、今の上下関係です。

110.5円は、下値青枠の買いたい人が作った、

底入れシグナルでした。

 

今現在、日足で先週までの足を、上値遊びとみなし、

上方向に向かったようですね。

 

日足で、節目に丸印をしてみましたが、

112円が目先の、上の節目と考えています。

 

緑色推移ラインが、そのダウ理論の視線での、

抵抗となる訳ですが、

その攻防が始まったようです。

 

先週から言っている様に、110.5円~112円は、

比較的自由に動ける範囲であり、

この中で、推移する事は、予測した通りです。

 

問題は112円を根固めするか、しないか。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20170627035353p:plain

何度も言うようですが、112円は重要な節目ライン。

 

週足、今の足型を追うと、図の様なコメントとなります。

かなり強い展開です。

 

まだ今週、火曜日ですので、不確定な足ですが、

ホント、

天国と地獄を左右する、

週になるのではないでしょうか。

 

日足でのダウ理論でも、112円は強い抵抗ですよね。

 

今週、水、木、金陽日の展開で、112円を超え、

ダウ的視点でトレンド発生なるか?

 

となれば、

週足で示すように、114円位も、

視野に入ってくる事となります。

 

その逆もありなのですが、

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20170627040534p:plain

時間は4時現在、

今も上方向に買われております。

 

112円トライです。

 

この勢いですと、おそらく112円超えまでは、

行くと考えておりますが、

スイング目線での根固めが出来るかどうか、

という見方をしています。

 

今の4時間足でこう見ると、

グレーゾーンは下に出来た、買いの支持帯。

 

で、コレを本物に出来るかどうかが、

今週の見どころと思います。

 

現在、オシレーターも随分過熱しており、

これを、上昇トレンドの、ダイバージェンスと読むか、

天井域の112円となるかは、

 

下位足で、

あたりをつけて行く事になるでしょう。

 

今日はこの辺で失礼します。

6月25日 日曜日

こんにちは。

 

日曜日のチャートリーディングです。

 

最近の相場読解に、やや疑問がありまして(かなり、です)、

今日は、少し違た目線で、相場を追いたく、

一目均衡表をアップします。

 

いつも、移動平均線のアップ画ですが、

実はちょこちょこと、違ったテクニカルツールも、

見ているんですよ。

 

基本は移動平均線での、チャート節目の読解と、

ダウ理論の考え方で、まかなえると思っています。

 

そのいつもの目線を、

一目均衡表に落とし込んで、考える。

 

という複合的な目線であります。

 

その位、今の相場に迷っている。

という事です。

 

まあ、解らない物を解ろうとしても、

答えが出る訳ではありませんので、

 

スケベ心も、ほどほどにしないと、

おバカ丸出しです。

 

チャートが好き。

と言えば、それまでですが…。

 

月足

f:id:soubanotakumi:20170625102745p:plain

大きな時間軸の、月足です。

 

大局的な目線で見て、

チャートを追ってみます。

 

半値下落の(昨年夏頃の100円付近までで)、反発。

昨年末に、118円位まで上昇し、天を見て、

今、111円迄下げて来た所です。

 

今はトレンドレス状態ですね。

 

じっくりと、チャートを追うと、

昨年の6月~11月頃、100円割れまで下げて来て反発。

 

雲に侵入することなく反発です。

 

大切な遅行スパンは、ローソク足実線の上を、

なぞる様に上昇(118円まで)。

 

今になって、こうして振り返って見ると、

あのトランプ相場の上昇も、

無理がある様にも見えます。

 

そして上にオレンジ枠を見て下落。

 

基準線と転換線の位置関係を考慮すると、

年初の陰線は、絶好の叩きどころだった、

という事になります。

 

直近の足3本を見ると、

・下ヒゲのトンボ

・上ヒゲ陰

・確定足ではありませんが、下ヒゲ陽

 

で、今は雲に入るか入らないかを、

迷っている事でしょう。

 

下ヒゲ、上ヒゲ、下ヒゲでは、

方向が定まらないですね。

 

今後、雲に入るのか、雲入りを逃れるのかで、

全く違う結果となってしまいます。

 

また、こういった時って、移動平均線でも同様に、

中位の位置関係を示すんですよね。

 

一目では、

基準線と転換線がゴールデンクロスし、

上昇の道を歩む事も、考えられますし、

 

下落の場合、転換線を割り、雲に突っ込むことで、

なかなかキレイな、5線の位置関係になる事が、

予測されます。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20170625115045p:plain

年初からの下落は、オレンジ色枠を否定。

青丸印が下落足ですね。

 

下落波動を描き、下げ止まったのが109円ライン。

 

丁度、118円と100円の半値になります。

 

そして、あのギャップ(赤丸印)をつけて上昇し、

雲抜けを成功させましたが、

以前から言っている、

112円上の抵抗体に阻まれ、赤枠を否定(緑丸)。

 

そして109円まで再度戻されましたが、

窓埋めならずして下ヒゲ反発で、

今に至る状況かと思います。

 

同時に遅行スパンですが、実線を横切り、

上下関係では、弱い立場にはなっているのですが、

直近3本ほどの足を追うと、反発足が出ているという事で、

現状を確認致しました。

 

いつもの緑色曲線で高値安値を追うと、

トレンドレスですよね。

 

窓埋めをせず、少し上昇してきていますが、

112円位の節目を上に行く、

プライスアクション足が出ない限り、

 

週足では、この雲上~良くて基準線止まりの、

値幅推移という事になりそうです。

 

匂うのが、来週か再来週に向かえる雲のクロス。

 

クロス通過時の動きは読みにくく、

また、動きが反転もしやすく、

正念場を迎える事にもなりそうです。

 

大胆に7月は、雲下推移なんて事も、起きかねません。

 

また、先行スパン1の雲形状から、

基準線と転換線がゴールデンクロスし、

遅行スパンが実線とぶつかる。

 

そんな波乱相場も、もしかしたらあるかもしれません。

 

その時は、移動平均線の位置関係も、勿論変化しますね。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20170625131531p:plain

先日も書きましたが、

下にアイランドを作り、ギャップアップで上に…。

 

そして、もう一度、そのアイランドが、

底固い事を証明する、ダブルボトムを出現して、

今に至ります。

 

この流れで見ると、今は坂田五法で見て、

 

  「上値遊び」

 

にも捉えられ、追撃買いシグナルともみなせます。

ダウ理論でも、高値取りをしていますから…。

 

先週にも書いた通り、

110.5~112円は大きく動ける範囲であり、

今週、日足で薄雲状態の所、

また、週足では、クロスを迎える事になります。

 

スイング目線では、このレンジを抜けるか、

良いプライスアクションの足が出るまで、

方向が判断が出来ないようです。

 

気になるのが、遅行スパンの動き。

今は、実線にぶつかって、この後どう推移するか?

 

ですが、

5線の位置関係や、雲行きも考え、

 ①実線に沿って横ばいから、下落。

 ②上抜け上昇。

 ③実線に絡み合って推移、横ばい。

 

という3つの仮定が考えられます。

 

一目均衡表の算出上、

112円を上抜くか、

109円をした抜くかしない限り、

基準線の位置は変わらない訳ですので、

 

ブレークしない限り、スイング目線では、

難しい判断となりそうです。

 

安値切り上げをして来たので、

流れから、もう一度112円の抵抗体へ、

突っ込む様にも感じます。

 

ここまで、書いてきたら、疲れてしまいました。

他、小さな時間軸では、

先週と同じ見方で良いと思います。

 

今週は、特にイレギュラーな動きの可能性が高く、

ブレークしたと思ったら、戻された。

 

そんな事が頻繁に起こるかもしれません。

 

では…。

6月24日 早朝 チャート比較

おはようございます。

 

土曜日の朝です。

ドル円の方ですが、際立った動きも無く、

面白くありませんので、今週はこれでおしまい。

 

もう少しの時間で、週足が確定足になりますので、

来週に向けての分析は、また次回に書いてみます。

 

今回の題材は、比較です。

 

完全にチャートオンリーで、

勝負していくデイトレーダーならまだしも、

マーケット全体の、流れみたいな物を掴みたい時って、

ありますよね。

 

先週は、株の日経平均株価と、

ドル建てのチャートを比較した事を書きました。

 

今回は、その続き。

という事です。

 

日経平均株価 日足

f:id:soubanotakumi:20170624045522p:plain

 

先週に引き続き、

ドル建てと円建てのチャートの比較です。

 

考え方として、

下の円建てを基準として見てみます。

 

春先のギャップアップ(赤丸1番2番)から、

上昇波動が始まり、一気に2万円手前まで上昇しました。

 

やや押し戻され、3番のギャップで2万円到達。

4番まで。

 

ココまでの上昇波動を

円からドルの方へ目線を移動させると、

上昇幅の違いに気がつきます。

 

外資の彼らは、円建ての私達よりも、

相当な利益を得ていますね。

 

次に、

2万円のラインですが、

4番の緑丸で完全に、2万円を抜き去りました。

やや押し戻されて、再度5番の青丸で高値更新。

 

この過程を、ドル建てに目線を移すと、

これまた違うんですよね。

 

円建てでは5番で高値更新しているのに、

ドル建てだと、高値更新に至っていないんです。

 

なんか、匂いますよね。

 

週足で見ても、日経225自体はトレンドが崩れた。

と断言できる形にはなっていませんが、

怪しい所は多々あります。

 

今週の日経で、気になっていたところですので、

書いてみましたが、

 

寄り付き前の外資系の動向も、

売り越しと見て、良いのではないでしょうか。

 

外資系動向

f:id:soubanotakumi:20170624050630p:plain

22日に発表された投資主体別の動向でも、

2週連続で外資は売り越し。

 

国内勢はやや買っている模様です。

 

2万円回復。というキャッチフレーズに、

騙されているのか、解りませんが、

かなり注意する、必要性があると思っています。

 

もう一枚の比較は

日足のドル円と、日経225の日足です。

 

ドル、225 日足比較

f:id:soubanotakumi:20170624052122p:plain

日本の株って、

為替に依存するところが非常に多く、

連関性が強いと言われています。

 

ということで、為替と株の比較です。

 

年初からのチャート比較ですが、

春先くらい前は、上下波動の動きは、

ほぼ同じようなタイミングで、

波動を描いています。

 

これがです、日経2万円を目前としてから、(青枠)

かなりおかしな動きに、

なっている事に気がつきます。

 

これ、どうしてなんでしょうかね~?

阿部さん(総理)。

 

 

あと、もう一枚の比較は

 

日経と S&P500の 日足

f:id:soubanotakumi:20170624053229p:plain

世界の中で、最も日経225の波動に、

似ていると言われる、S&P500。

 

そんなに似ているとは言えませんが、

年初から4月頃まで、日経は頭打ちでしたよね。

 

完全な揉み合いを形成しておりましたが、

S&Pは上昇トレンド。

 

まあ、どちらかというと、

5月以降位からの波動が似ていますかね。

 

以上、描ききれない比較は沢山ありますが、

比較する事って、面白いものです。

6月23日 8時

おはようございます。

 

私用のために、今日の仕事は休日。

 

ひと時の間、現在の相場を見ての雑感です。

 

8時間足

f:id:soubanotakumi:20170623082131p:plain

色々な時間軸を見ましたが、これと言って、

しっかりと、トレンドを把握できる時間軸が見当たりません。

 

しいて言うなら、この8時間かな…。

 

 では、現状を。

 

110.5円下はダブルボトムを打ち、

下値の底固さは確認して、上へきている所です。

 

  110.5円は堅いですね。

 

ダウ理論で、高値を切り上げ、

21日には、111.7円を、見に行っています。

 

今は、111円と111.5~7円位のレンジで、

遊んでいる所でしょうか。

 

現在は、イマイチ、トレンド的なものが定まりません。

 

複数の時間軸を確認しましたが、

かなりイレギュラーな形で、

上へも下へも、容易に動ける形と見ています。

 

大きく分けると、

・112円上は大きな抵抗体

・110.5円下はダブルボトム

 

今の小さな動きは、

111~111.5円の節目

 

という事です。

 

このレンジ内での動きに注意しつつ、

トレードという形になりそうです。

 

私は所用で出来ませんが…。

 

では失礼いたします。

人格

最近、日記を休んでいますが、

実母の病気が悪化してしまいまして、

ごたついておりました。

 

タダでさえ、時間がない私ですので、

状況的に不可能でした。

 

高齢な母の為、容体悪化~入院治療。

という事なのですが、

 

こんな私生活の中からも、

相場に対する姿勢みたいな事を、

学ぶ事が出来ましたので、

今回は、その話を。

 

つまらないですがね…。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私も、自身で常識人間と思っていますので、

母の様子を、第一報として、

離れて暮らしている母の兄弟へ、

連絡しておいたんです。

 

ですがね。

 

 周りが(兄弟が)、うるさいんですよ。

 

 ああしろ、こうしろ  って。

 

電話攻撃から始まり、しつこいSMSメール攻撃!

(メール攻撃までされるとは思いませんでした)

 

これでは

 たまったもんじゃ、ありません。

 

あまりにも、うるさいので、

 

  全く困っていません!

 

って、突っぱねてやりました。

 

私生活の話はココまで。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

  

という事なのですが、

この兄弟の行動を見ていて、

 

  頭わるいな~

 

って、思ったのです。

 

私、自分にうぬぼれている、訳ではありませんが、

私達が、日々向き合っている相場って、

非常に学べる事が、沢山あると思っています。

 

数年に一度は、

恐慌的なパニック的な暴落が起き、

 

自分の推測したチャート通りに動かない事など、

頻繁に起こります。

 

その中で、相場と戦って行くには、

即座に適切な判断を下し、

瞬時に売買行動を、取らなくてはなりません。

 

自分の戦略が大きく外れ、

相場が逆方向を向く事は、

しょっちゅうある訳です。

 

まあ、それも想定内。

と言えば、それまでですが…。

 

ここで、

トレーダーに求められる、

 

  「人物像」 

  「人格」

 

といった物は、

非常に高いレベルを要求するんですよね。

 

何て言えばいいのか解りませんが、

簡単に、

 

  意思決定プロセスの能力

 

こんな所でしょうか。

 

相場と向き合う私達って、

毎日が、こういった能力を求められ、

鍛えられているんですよね。

 

 

 周囲に居ませんでしょうか?

 

仕事上の問題解決に、

大の大人が、何人も寄って集って、

 

  あ~でもない、こ~でもない

 

と、うんちくを言い合い、

 

適切な処理も出来ず、

時間だけが過ぎ、

その時だけ、問題を沈静化させ、また再発する。

 

  最低です

 

そして、

その上司に、ゴマをする部下。

 

  アホか…

 

これでは、日本が良くならないはずです。

 

日本人って、このような傾向が非常に強く、

こと相場には、向かないと言われています。

 

相場に求められるトレード脳力が、

全くと言うほど、達していないようです。

 

 普通に生活していれば、

人生の中でも、大きな出来事が、

10年に1度あるかないか。

 

でしょうが、

相場では違いますよね。

 

頻繁に起こる問題。

また、それに対する処理スピードも…。

 

こう書いて行くと、

私自身も、相場と長く接していますが、

未だに、 道半ばも達していない様に感じます。

 

  相場の道は、いばらの道

 

非常に険しく、乗り越えるには、

一つ一つ紐を解いていくしかありません。

 

今日は、また違った角度から、

相場というものを見てみました。

6月18日 日曜日

最近の相場ですが、

先日、上手く読めない。って、書きました。

 

で、今日は、マーケット全体を見回していて、

気になる所が出てきました。

 

まずはこの図を。

 

f:id:soubanotakumi:20170618123845p:plain

この図を見て、直ぐに解る人は、

かなりの、チャートバカだと思います。

(失礼、バカは、私です…)

 

日経225の、日足チャートなんですが、

下が、通常見ている円建て。

上がドル建て換算した、チャート絵です。

 

  かなり違いますね。

 

週足も

 

週足(上ドル建て 下円建て)

f:id:soubanotakumi:20170618124134p:plain

 

 

先週末16日の朝、寄り前の外国人投資家の動向が、

大きく売り越しに転じていましたので、

気になっていたんですよ。

 

また、15日(木曜)に、東証で公表された、

投資主体別売買動向も、

 

外国人が少しですが、売りに転じましたので、

こういった面を考慮して、

チャートを考えていたところです。

 

日足、かなり崩れていますね。

週足は、移動平均線を割っている訳でもなく、

 

  トレンドが崩れた。

 

とは、まだ言えませんが、

  

   「捨て子」

 

シグナルです。

 

こう考えると、週明け、やっぱヤバイ?

暴落があっても、おかしくありませんね。

 

私は、たまに株もやるのですが、

いつも、連動指数の

NF日経レバレッジ(1570)を扱っています。

 

レバが効いていて、日経225の、

1.5倍くらいの変動幅あるんですよね。

 

チャンスとならば、

少し売ってみたい所です。

6月17日 土曜日

こんにちは。

 

緊張した週末でした。

 

早速チャートの方を見て行きます。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20170617075932p:plain

 

過程を追うと、

4月に下落が約108円で、一旦下げ止まり、

注目の窓を空けて(赤丸)、114円位まで上昇。

 

そして、上の重さに押し戻されて、

もう一回下へ。

 

窓の付近まで下げ、先週と今週に引き続き、下ヒゲ。

 

この、窓っていう奴が、

以前にも書いたように、高値と安値の半値付近。

(ギャン理論の半値)

 

窓の節目を、2連続下ヒゲですので、

目先反発。

 

と読んで、いいのではないかと思います。

 

この週足チャートの軌跡で、(緑色線)

ダウを考えると、

今の所、下げ止まっていますね。

 

厳密に言うと、5月の高値114.3円を抜いてから、

上昇トレンド発生。

という事になるのですが、

 

今の段階では、

下位足で、上昇トレンドが出ている。

という事でしょう。

 

また、逆を言うと、4月の安値を下回る事になれば、

下落トレンド。

という見方に、なってしまいます。

 

日足(一目均衡表

f:id:soubanotakumi:20170617125052p:plain

珍しく、一目均衡表です。

 

現在の日足を見ると、

110.5円を超え、更に111円をも、

超えましたので、

 

僅かですが、

上昇トレンド(赤矢印)が発生しています。

 

昨日の日記にも、少し書いた事なんですが、

上昇トレンドの定義的な事に、

 

110.5円の根固めと、

111円超えの足、となるのですが、

 

110.5円の根固めは、図の通り、

緑色線のダウ理論での、

高値安値の切り上げ(下げ)を、

意味するものと思っています。

 

今の段階で、重要とみなせる、

直近の節目ラインは、この3本で、

判断できると思います。

 

また、不安定相場についてですが、

一目均衡表の事を、考えていたんですよ。

(5線の位置関係が波乱を生むか?)

 

水色のあたりは、雲が薄く、上抜けを狙うには、

抜き易いはずなのですが、

この雲のスタイルって、意外と乱高下しやすい。

 

しかもですね、6月下旬~7月上旬にかけて、

週足でも、雲がクロスするんですよ。

 

週足(一目均衡表

f:id:soubanotakumi:20170617130321p:plain

どうも、今月末か来月位まで、

訳のわからん、相場になる気がするのですが、

日足で、一発で上にクリアできる要素も有り。

 

と考えています。

 

まあ、週明けブラックマンデー説は、

今の所払しょくする、動きではありますが、

 

もう一つ気になる、短いチャート絵がコチラ。

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20170617132012p:plain

4時間の詳細図ですね。

 

昨日、勢いよく、111円を超え、

111.4円まで上昇。

 

結構行きましたね。

 

上の抵抗体に向かって行く、

強い上昇トレンドが見れました。

 

ですが、夜半から節目として見られている、

111円も割り込み、結構強烈な陰線。

 

111円は、完全に節目として見られていました。

 

この足を見ると、

短期的に111円は上の節目。

 

そして、今下へ返され、

緑枠(110.5円)が支えようか。

という所だと思います。

 

移動平均線の位置関係から、

総崩れする事は無い。

 

と考えておりますが、

 

3つ前の陰線は、

行き過ぎを咎めた物と、考えております。

 

今の段階では、下の根固め、

 

そして、再度上にトライしてくるのではないかと思いますが、

デイトレでは、ここら辺での、

値幅取りになるかと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今週も土日休みで、割と時間が取れてうれしいです。

先日購入した「FOREX TESTER3」で、

検証作業が進むことでしょう。

 

これ、やって見ると、かなり時間がかかるんですよね。

多分私自身が、裁量トレードなこともあるので、

一つ一つ考えながら、チャートを動かしていくと、

 

あっという間に、

   もう1時間経過?

 

そんな感じです。

 

好きな事をしている時間って、早いですね。

 

では、趣味に没頭致します。

6月16日 早朝

おはようございます。

 

イベント通過で、やっと、正体を現し始めた相場です。

そして、もう週末。

狙ったかのようですね。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20170616033539p:plain

今現在の週足ですが、

こんなです。

 

確定足ではありませんが、

なかなか、いい足を出しております。

 

例の窓埋めをしない事を確認するヒゲを、

2回も出しております。

 

今現在の週足を、単純に判断すると、

こういう見方で良いと思います。

 

今の目線ですと、週足を使う長期組は、

「買い」です。

 

ただ、相場っていう奴は、ひねくれ者ですので、

慎重に捜査する必要性があると思います。

細かく下位足を見てみます。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20170616034359p:plain

日足です。

 

超重要なラインは、110.5円でしたね。

16日3時現在、抜いてきております。

 

日記を書いている今、110.8円で、

スゴイ上昇トレンドが、発生しております。

 

そして、日足の図で言う、上の抵抗であるエリアに、

首を突っ込んできている状況です。

 

強いですね。

 

あれだけの強い抵抗体に、向かって突進している。

という事は、

 

今現在は、それだけの強いトレンドが、

発生している。

 

という、解釈になるかと思います。

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20170616035234p:plain

いつもの4時間足が、一番見やすいでしょうか。

 

今の強弱関係の図です。

 

青枠は、例の窓の下を支える買い玉達です。

 

黄色枠は、上の抵抗体ですよね。

 

そして、今週のじれったい相場の、イベント通過で、

確認した節目が、緑枠となります。

 

現在は、緑枠を上に抜け出て、黄色枠へトライ中!

 

ですね。

 

トライという事は、青枠は完全に下値支持の玉。

そして、緑枠を、更なる下値支持帯へ、

変化させようとしている状況であります。

 

そして、気をつけたいのが、

今、上昇している段階で、

111円の節目を確認しているのですが、

こういう考えはどうでしょうか。

 

4時間足②

f:id:soubanotakumi:20170616040227p:plain

黄色枠を111円上に、移動した図です。

 

緑枠を確定させるには、110.5円位の節目を、

根固めする必要性があるんですよね。

 

4時間の足で、ダウ理論の高値安値は、図の通りで、

緑枠を下に見て、現在高値取り(111円まで)している所です。

 

そして、今は、灰色のエリア(110.5円~111円)を走行中です。

 

これですね、解らないんですよ。

 

仮に、黄色枠111円より上を否定して、緑枠へ、

再度押し戻される可能性も、残されているんですよね。

 

その判断。

っていうのは、緑枠上端の根固め。

 

もしくは、完全に111円への侵入。

という事なんです。

 

こう書くと、今の上昇も疑わしい?

灰色の心であるのではないかと思われ、

安心して買い玉を(スイング目線で)、

撃てる状況ではないと思います。

 

黄色枠否定ならば、

週足下ヒゲ説も否定。

 

暴落説が浮上して参ります。

(もしかして来週ブラックマンデー?)

 

面白くなってきましたね。

 

こう書くと、安定相場は、

まだまだ先かと思いますので、

デイトレでも、ボラは少しだけの値幅どりの戦術で、

イイのではないかと思います。

 

そろそろ出勤の時間ですので、

これで…。

6月14日 13時

こんにちは。

 

夜半から仕事ですので、今日は半日仕事。

少しの後場を見て、床に就くといたします。

(明朝の日記はおあずけ)

 

帰宅後の相場ですが、

見ても、あまり書く事がみつかりません。

(動いていない)

 

市場の注目点が、

今晩15日の3時頃に発表される、FRB政策金利の発表を、

待っている事と思われますが、

 

もう、待つしかないですね。

 

よりによって、こんな時に仕事とは…。

 

ですが、チャートだけは確認したいと思います。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20170614130633p:plain

14日 13時の日足です。

 

何度も見ている日足チャートですが、

もう一度。

 

言うまでもなく、超重要な節目が110.5円ライン。

上には抵抗体が待ち構えています。

 

下は109円下にある、青の離れ小島。

 

どうしても、どちらかに動いて否定なり、

突き進むような動きを、察知したい所なのですが、

今現在では解りません。

 

少し前に、書いたことに、

今で言う、日足6本前の陰線の中での動きに、

終始しております。

 

トレンド未発生という事です。

 

要は、この陰線をぶち破る、

または、抜いたが戻されるような、

プライスアクションの視点で、

採用できる足が欲しい所です。

 

もう、待つしかないようですね。

 

私的に、上にぶっ飛んで否定?

そんな波乱も考えていますが、ホント解りません。

 

株も動きがありませんが、

このデータはどうでしょう。

 

投資主体別の動向

f:id:soubanotakumi:20170614131730p:plain

先週木曜日の段階が、最新の公表データなのですが、

意外と、外国人投資家達は、日本株を買っていますよね。

 

  買い継続中です。

 

4月第1週から、ず~っと継続しております。

 

6月第1週は大きく買い越し。

割と、国内勢が売っている状況であります。

 

こうした内容を考慮して、株は、もう一波あるのかな?

なんて思いますが、

 

いかんせん、為替とのアンバランスが出ている様に思えます。

 

明日の朝には、

とんでもない事になっているかもしれませんが、

様子見姿勢で臨みたいと思います。

 

では…。

6月14日 早朝

おはようございます。

 

最近、相場の流れに、上手く乗れていないというか、

難しいというか、わからない。

 

というのか、自分でも、

なんだか、良く解っていません。

 

相場が全く見えていない様に、思えるんです。

 

マーケット全体の流れから波動を考え、

主戦場の、ドル円に落とし込んでいく。

 

というのが、私のスタイルなんですが、

 

全体像を捉えるのが、

非常に難しく感じています。

 

日本株の揉み合いや、

NY、ダウ、S&P,

商品相場、投機家の動き。

 

様々な事が、うまく結びつかず、

裁量トレードを持ち味にする人達には、

攪乱される所ではないでしょうか。

 

動きが、イレギュラーなんですよね。

 

例えば、意図的に政府が介入し、

相場を動かしているのか、解りませんが、

その様にも感じます。

 

その様な事を思う所ですので、

今は、やや遠い目線で、

相場を眺めている状況であります。

 

トレードで失敗しちゃった訳ではないのですが、

どうも、乗れない。

 

 わからない

 

こう書くと、

かなり弱気な発言になってしまうのですが、

自分は、プロではありませんので、

 

長い相場人生、

たまには、こんな事もあるかと思います。

 

さて、チャートリーディングの方ですが、

そういった意味で、イマイチ気合が…。

 

15分足

f:id:soubanotakumi:20170614041306p:plain

いきなり、短い15分のチャートからです。

 

昨日の朝から、これしか動いていないんですよ。

(黄色枠)

 

この一枚のチャートだけでも、

かなり考える事が、出来ると思っています。

 

流れで、

 

  緑枠月曜日

ギャップアップスタートで寄り付き、

寄り天。(110.5円節目上値抵抗)

 

その揉み合いレンジを、ブレークダウンした110.2円。

(110.2円より上は抵抗体)

 

ジャスト110円付近は意識されやすい節目。

(109.95円ブレークダウンで、更に上は抵抗体)

 

下落して、4月下旬につけた、

109.5円付近の節目まで。

 

ココまでが月~火の朝。

 

 

  黄色枠火曜日

 

下を否定し反発。

110円を回復し、月曜日に作った節目、

110.2円までの、ラリーで、

今に至ると思います。

 

今は、この短い値幅での動きで、

節目をブレークして、

上位時間軸に影響を与えている最中。

と考えています。

 

でもですね、こうして、揉んでいる間に、

いつの間にか、チャートが良化されている様に思うんです。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20170614043614p:plain

上位時間軸を優先する原則ですので、

日足での確認です。

 

いつの間にかMA5に乗り、

もしかして、日足買い4?

 

110.5円という上に重い抵抗体がある事は、

これまでに書いてきた通りなのですが、

 

上を試す展開ならば、

それだけの強いトレンドが発生している事になり、

週足下ヒゲ説も浮上?

 

また、下ヒゲ説なら、

緑色丸のギャップを埋めない説も、

充分考えられると思います。

 

最後まで、相場は解りませんが、

今は、まだ水曜日の早朝。

 

今週の週足を刻む過程での、

ダマシ作りを、今している最中かもしれません。

 

しかし、今書いていて、自分でも良く解りませんので、

今日はこの辺で…。