FX相場の匠 blog

デイトレ

ブレークポイント復習

おはようございます。

 

先週慌ただしい中(私生活が)、

復習しておきたいな~。

 

と思った事が、ありましたので、

 

忘れないうちに、記録したいと思います。

 

7月28日 1時間足

f:id:soubanotakumi:20170730143306p:plain

 

前回7月30日の、日記にも載せた、1時間のチャート図です。

 

28日夜半、参戦していたのですが、

その時の感想です。

 

図の赤丸印は、一番左が111円ブレークアップの足。

残りの3つが、その111円を確かめる、

反発の確認足。と考えています。

 

「3」という数字を、意識して、

111円が節目という事が、チャートからわかります。

 

まあ、111円ブレークダウンを狙っていたのですが、

モデル的と言えるほど、キレイ下げてくれましたので、

脳裏に焼き付いている訳です。

 

図で言う一番右が、そのブレークダウンのところですね。

 

これを15分足で拡大して見てみます。

 

15分足

f:id:soubanotakumi:20170731035946p:plain

図の青丸印の所って、

抜群の売りエントリーポイントですよね。

 

また、ブレークした、しない。

 

という判断は、非常に難しい所で、

まあ、何度も失敗している私です。

 

ですが、こういった、

複数時間でチャートを見て行くと、

そう、騙されること無く、

判断できるのではないかと思います。

 

もう一つ、同じ15分足ですが、

こちらも。

 

15分足

f:id:soubanotakumi:20170731040719p:plain

トレード中は、一寸先は闇。

全く見えません。

(先を消しました)

 

こういった中で、私たちは、

売買判断を、決断して行かなければ、ならないのですが、

実際、この先が見えないチャートでは、

 

下ヒゲ連発で陽線(*^^)v

  買いじゃ~! って、

 

判断してしまうかもしれません。

 

少なからず、私には迷いがあります。

 

ですが、複数時間というチャート読解を進めると、

こういったミスを減らせると考えています。

 

たった、1時間と15分のチャート2枚を

見比べただけですが、どうでしょうか。

 

複数時間でトレンドを把握する事の重要性が見えてきます。

7月30日 日曜日

こんにちは。

 

日曜日、チャートリーディングの時間です。

 

早速。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20170730131140p:plain

この一週間ですが、上は112円で頭を抑えられ、

叩かれて下落し、週足上ヒゲを作って引けた事が、

ローソク足として刻まれています。

 

下げ圧力が、結構強かった印象でしたね。

 

もう少し日足で、詳しく見てみます。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20170730132723p:plain

前回の日記に110.5円位が節目かな?

そのような事を書きましたが、

 

その110.5円まで、現在下げてきた所ですが、

今後(8月第一週)の動きを、考える事にいたします。

 

110.5円より下に青枠が2つ。

 

これは、買いの節目として、

作られた抵抗体です。

 

上で叩かれ続け、下落してきた今の様子ですが、(赤枠)

問題は、来週、110.5円をも下回る、下落が起きるかどうか。

 

下落する事になれば、

マジで、凄い下げ圧力が発生するのですが、

 

おそらく、簡単には割らず、110.5~111円、

もしくは、戻れば112円位までの、

値動きと考えています。

 

ここで、少し、

いや、かなり変わった試みを…。

 

日足(上下逆さチャート)

f:id:soubanotakumi:20170730133715p:plain

こんなバカな事をするのは、私だけでしょうか。

チャートを上下反転した様子です。

 

チャート図、

上が円高方向、

下が円安方向です。

 

目がおかしくなりそうですが、

 

少し時間をおいて、

素のままに、心を冷静に、

チャートを読んでみましょう。

 

赤枠は110.5円と114.5円の間を、

大きく動く、比較的動きやすいレンジと見えますね。

 

そして、図の上、

110.5円より頭上(円高方向)にある、青枠が、

上にある、頭押さえの節目です。

 

28日金曜日の足は、黒色の陰線で、

110.5円に迫る、元気ある姿で週を終えました。

 

この日足チャートで見て、どうでしょう。

図では、上昇トレンド中。

 

4つ前の足の24日は、図では上ヒゲ。

その上ヒゲという上値を否定し、上昇という圧力を、

生んでいる状況が今です。

 

一旦は、110.5円より、円高に振れるのではないか。

(図で言う上)

 

そして、110.5円を、

どの様に処理するのかが、今後のポイントかと思います。

 

図で、日足「売り4」を形成するのか、

そのまま上昇し、110.5円をも抜き去る、

プライスアクションの足が出るのか、

考える所だと思います。

 

前回、110.5円が強力な節目として、

作用する意味を、

なんとか言葉で伝えようと試みたのですが、

ハッキリ言って、上手く表現できません。

 

アホな事はこの辺にして、

もとの目線に戻して考えてみます。

 

8時間足

f:id:soubanotakumi:20170730140818p:plain

ごめんなさいね。

目が、変ですよね。

 

これが、いつものチャートです。

 

もう一度、おさらいで。

 

現在

112円上の枠を、否定する足は出ています。

110.5円下を、否定する足も出ています。

 

図で言う、赤丸青丸印です。

110.5円~112円はこの時間軸では、

動きやすい範囲です。

 

もう少し細かく。

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20170730141651p:plain

目が戻って来た所で、

もう少し細かい4時間足です。

 

上と下のバランスが良く解りますね。

 

更に

1時間足

f:id:soubanotakumi:20170730142230p:plain

1時間足ですと、111円に節目があるのが、

見えるようになるのですが、

解りますでしょうか。

灰色枠の111円~112円の事です。

 

1時間足 拡大

f:id:soubanotakumi:20170730143306p:plain

拡大図です。

 

112円上は、否定足が青丸です。

 

112円を否定され、

111円で買いの足が数回出ていましたが、(赤丸)

28日金曜日には、その111円も否定。

 

つまり、直近の上値抵抗は111円。

 

図ではもう見えませんが、

下は110.5円の強い抵抗でしたね。

 

週初は、まず、ここら辺での攻防を、

考える事となりそうです。

 

なかなか、エキサイティングな相場で面白いですね。

 

では、この辺で。

7月28日 早朝

おはようございます。

 

前回の日記が日曜日、

そして今日はもう金曜日、週末。

 

その間、節目を2つ作ってくれました。

(日記を読んでくださっている方、すみません)

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20170728040000p:plain

こう見ても、前回の分析から、

節目のラインが、大きく変わった所って、無いんですよね。

 

前の日記を読み返してみましたが、

おおむね①番の予想が、該当しているようです。

 

ライントレードって、凄いですね。

 

さて、先週末に112円という節目を割り込んだ後の推移は、

 

下が110.5~6円

上が112.1円

 

図に書き込んでみましたが、

今週はしっかりと上の112円では叩かれ推移。

 

こう見て行くと、

112円から上の存在は取り残された買い玉達で、

今の所、鉄板の節目(112円)として作用しいると、考えています。

 

より大きな時間軸でトレンドを考えると、

どちらかというと売り目線ですので、

 

112円で、より小さな時間軸で、

天を作ってくれれば、結果がどうであれ、

売りエントリーせざるを得ません。

 

では、下は?

と考えると、ここら辺、マネジメントが必要と思います。

 

8時間足

f:id:soubanotakumi:20170728042404p:plain

今の値から直近の青枠と、黄色枠が綱引きとして

作用する事は道理だと思います。

 

現在、112円を割っていますので、

黄色枠の中を推移し、どこまで、穴をあけられるか、

試している所が、今週の展開です。

 

今現在下の重要な節目は110.5円位なのかな?

と考えていますが、

 

仮に、この110.5円を否定し下落足が出ると、

上には(110.5円上)、更なる抵抗が出来ますので、

日足という大きな時間軸でも下落という、フォースが生まれそうです。

 

あくまでも過程ですが…。

 

逆を言うと、110.5円位は、

買い目線のポイントにも適用となります。

 

ちょっこらチョイでは、割らないとポイントと、

私は考えていますが、

それだけ節目として見ています。

 

これで週末を向かえますね。

また、週またぎの海外投資家の企みでしょうか。

金曜日の夜半の動きが、とても気になりますよね。

 

では、静観して見てみます。

7月23日 日曜日

おはようございます。

 

金曜日、ついに動きましたね。

結局、大きな時間軸の週足が勝ったという事で、

原則通りでした。

 

112円を割るという事は、

勢いとしては、強い下落が生まれている訳で、

当然、私が大胆予想していた上昇への道も絶たれました。

 

しばらくは、下値探りと、

上がどこまで戻れるかの展開となりそうです。

 

ではリーディングの方です。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20170723040151p:plain

青丸印から流れは下。

という事は、前回書いたのですが、

 

問題視していた、112円を割るかどうかは、

この週足の時間軸では見えません。

 

週足を見ると、

一種のボックス相場に見えない事も無いですが、

目先の圧力は下方向。

 

という事で、作用しそうです。

 

移動平均線の並びが、パーフェクトトレンドになる、

可能性もあるのですが、その時は、

 

ボックス相場ではなく、下落トレンドと言えるほどの、

下げっぷりになる時でしょう。

 

現在は、下げる可能性がある。

という事で、週足でボックスを作るのか、

下落に進むのか、という状況だと思います。

 

図は投稿しませんが、

オシレーターを見ても、下げ余地は充分あり、

とんでもない円高下落トレンドが、

発生しても不思議ではありません。

 

まだ未確定ですが、以前書いた月足のチャートで、

月足のトレーダーが売りに動く可能性が上がった。

 

というのが、今週注目していた、

112円の処理法、だったというかと思います。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20170723043104p:plain

その112円の役目を考えて行きます。

左赤枠は、年初から3月までに作ったボックス相場でした。

ボックス下限は112円です。

 

その後、112円を超えたり割ったりしながら、

あっちこっちに、節目という抵抗を作りながら動き、

今、また112円を割ったという事でしょう。

 

112円の下に、抵抗体があるのも関わらず、

先週金曜日に、割ってきました。

それだけの勢いが発生した、日足陰線だと思います。

 

逆を言うと、112円より上は、

上にかかる抵抗体という事で、まさかとは、思いますけれど、

 

112円ブレークアップ。

という事があれば、素直に従わなければなりません。

 

日足チャートで、直近の下の抵抗であった、

黄色枠に、足を突っ込んできたのですが、

今後の動きのイメージはどうでしょうか。

 

①日足グランビル法売り1、を通過と見れば、

 来週は110.5円~112円内のラリーをし、

 次なる波動の、日足売り2を作る動きを取るか?

 

②一気に110円をも割り込む下落?

 一気に下げ、青枠の当たりどころを探りに行く値動き。

 そして

 ・日足買い4をつけ自立反発。

      or

 ・更なる下落

 

③112円を上抜く?

 無いとは思いますが、112円ブレークアップ。

 逆に凄い勢いが発生という事。

 

おおまかに、書いてみましたが、

こんな感じで、日足までの時間軸の見方は、良いのかと思います。

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20170723050320p:plain

4時間の足で見て、

上の抵抗を作った形が書き込みの通り。

天から落ちて、下落4波動程発生した模様です。

 

こう見ると、4波動達成で、只今、111円。

下げ止まってもおかしくありませんが、

 

更なる下のダブルボトム(緑色)を、

確認しに行っても、おかしくありません。

 

青丸印は112円を否定した足で、

プライスアクションの足だと思います。

内容を確認してみます。

 

 1時間足

f:id:soubanotakumi:20170723051845p:plain

112円の処理の仕方。

 

という事ですが、(緑枠)

これが今後、真っ先の上の節目です。

 

戻れば、一旦は蹴られる確率が高いでしょう。

 

ざっと見てきましたが、

今週は、上112円、下110.5円位の

推移が確率で高いでしょうか。 

 

その中でのトレンドに従っての、売買と考えています。

また、波乱があれば、それはそれで楽しいですね。

 

では、また。

休日の朝から、失礼しました。

7月21日 早朝

おはようございます。

 

昨日の東京時間は堅調に推移し、112.4円まで。

 

  ですが…。

 

夜間に111.4円まで下落。

 

 危なかった…。

 

買っちゃうところでした。

 

21日現在4時頃ですが、112円で推移中ですが、

1時間位までの時間軸では、

トレンドというものが発生しておりません。

 

上手くチャートを読めずにいる状況ですが、

迷った時は、大きい時間軸に従うのが、

原則です。

 

でも、上手く読めない。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20170721040934p:plain

週足の直近の足3本を読むと、

114.4円で天をうち、陰のかぶせ。

(プライスアクションの足)

 

で、移動平均線を割り込み、

現在陰のコマを作ろうとしているのか。

という状況。

 

流れでいくと、どちらかと言えば下方向。

 

ですが、何度も言っている、112円から下の、

買い目線がいるために、

今の値を保たれているのではないでしょうか。

 

週足目線では、今の所やや下方向。

で、見ています。

 

日足で見ると、これまた良く解らないんですよね。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20170721042411p:plain

大雑把に図に書き込みをしてチャートを眺めてみましたが、

これ見ると、目先112円で乱高下かな…。

 

週足で上を叩かれている状況で、

それは、日足での黄色枠の過程。

 

日足売り4を通過し、現在移動平均線青まで来たところが112円。

 

あと、フィボナッチ数列の半値

日足 

f:id:soubanotakumi:20170721043049p:plain

割と重要な局面にいるんじゃないでしょうか。

 

結論で、良く解らないので、様子見。

やるなら、短時間軸でデイトレですね。

 

大胆予測として、

113円超えのブレークアップを企んでいますが…。

(つまり、114円を試しにいく)

 

まあ、解らない事を解ろうとしても、無駄な事で、

アホだと思います。

 

 

 

話は変わりますが、

価格って、買いたい人が多ければ、多い方に動きます。

均衡が崩れた方向に動く。

ってことです。

 

例えば、今の状況を見ると、

デイトレ組は除いて、

 

週足組はやや売り、

日足組はやや買いなのかな?

という見方をしていますが、

 

今動いているトレーダーの人数を考慮すると、

果たして、買いと売り、

どちらが多いでしょうか?

 

人数と資金力の考え方です。

 

初めにデイトレ組を除いてしまいましたが、

全てのトレーダーに当てはまる事です。

月足を見て、注文を出す投資家もいますしね。

 

買いと売りの均衡を、

どのように保っているかを考える事も、

複数時間軸の考え方の一つだと、私は思っています。

 

朝からこんな事考えていたら、疲れちゃいました。

 

今日は既に金曜日の週末。

少し休んでもイイかな。

って思います。

 暑いし…。

 

では。

7月20日 早朝

おはようございます。

 

しかし、弱いなあ…。

 

8時間足

f:id:soubanotakumi:20170720034420p:plain

図に示した通り、114円台から落っこちて、

昨日112円付近で東京時間は過ごし、

一旦止まるかと思いましたが、只今の値=111.8円です。

 

下落3波動か4波動、達成した所が、今の状況でしょう。

 

1時間足

f:id:soubanotakumi:20170720035617p:plain

 

簡単に、

 

・111.5円を割るかどうか

・112円に上がってくるか

・昨日の東京で揉み合った価格帯(112~112.2)を、

 超えて推移できるか

・超えれば戻り波動が期待できる

・まだまだ112円付近で揉み合う

 

こんなシナリオですが、少し今の値付近で揉み合いそうですね。

 

その小さな揉み合いの、ブレークアウトを待つ戦術が、

脳裏に浮かびますが、いかんせん相手は相場。

 

今日は、どこまで戻りが出るのか、

焦点となりそうです。

 

では。

7月19日 早朝

おはようございます

 

前回、重要な節目が112円と113円書きました。

その1円の値幅内というものは、

割と好き勝手に動けるエリアで、裏を反すと、

 

デイトレ組の短期資金が、メインに動く価格帯。

という事だと思います。

 

大きな資金を動かす機関投資家達は、

この節目をどちら動くかを、考案中。

という状況だと思います。

 

そして、昨日、週明けの東京時間からは、

とりあえず、112円の節目へ向かった。

 

という所で、112円の処理をどうしようか?

と、攻防が始まった模様です。

 

夜間に、既に111.6円迄、値を下げている所を見ると、

割と売り優勢なのかという印象ですけれど、

果たして、簡単に112円を割るでしょうか。

 

8時間足

f:id:soubanotakumi:20170719040816p:plain

上の抵抗体は、図の書き込み通りで、3尊を作った形で、

目先の上値抵抗でしょう。(112.7~113円から上)

 

下に買い支えをした人達を思い出すと、

図に示した通りで、

 

これまた、買い意欲が強かった事を思いだします。

今は、この小さな値幅内でしか、トレンドというものは生まれず、

短期デイトレでも、値幅は極限定的でと思われます。

 

今後仮に112円を割り込む動きとなると、

どういう事になるでしょうか、

 

月足 一目均衡表

f:id:soubanotakumi:20170719041851p:plain

月足を出すのは、まだ早いのですが、

もし112円を割り込む形となると、

月足雲入りなんですよね。

 

赤丸内は、既にボックス相場を示していますが、

更に掘って考えてみましょう。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20170719043001p:plain

週足で見ると、揉み合いそうな雰囲気がありますが、

今後の遅行スパンの動きでは、

114円ブレークアップの可能性も

否定された訳ではありません。

 

今言える事は、

長期トレーダーもが動く、超安定トレンは、

まだ先で、待たねばならない。

という事だと思います。

 

そういえば、株の日経も、

買い派と売り派に真っ二つ。

って言っていますよね。

 

株の方も、まだ、結論が(決着が)ついていないのが、

現状ですよね。(私は売り派ですが…)

 

ここら辺で動いても、おかしくありませんが…。

 

日経225  円建て

      ドル建て     日足

f:id:soubanotakumi:20170719045650p:plain

 

私は図の感じで、株の方は見ていますが、

もしかしたら、今週動くか?

 

そうすると、為替ドル円も…。

 

今日はこの辺で…。

 

7月17日 早朝

おはようございます。

 

前回日記を書いてから、ほぼ1週間ぶりに、

チャートリーディングの時間を取れています。

 

自分としては、切ないです…。

 

早くこの私生活を、改善しなくてはならないのですが、

チョット無理かな…。

 

自分としても、ず~っと、相場と接していきたいので、

(辞めるつもりはありません)

今のスイング目線のデイトレ戦術を変更し、

そのまま、スイングとしてやろうかとも、考えています。

 

どちらにしても、

チャートリーディングに変わりはありませんので…。

 

では、いつもの現状把握の時間です。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20170717043253p:plain

超大雑把にですが、

上114円

下108円 での、

ボックスを作っている過程ですね。

 

週足のオシレーター過熱から、上で叩かれてしまって、

114円以上は、抵抗となっている状況です。

 

以前私は、114円で一回蹴られても、

そのうち114円ブレークアップを果たすのではないか?

 

その様な事を書いた記憶がありますが、

この後、短い時間軸で内容を精査すると、

 

現状では、114円上は、

幻の世界に、変化してしまっている事が良く解ります。

 

ここで言える事は、

チャート予測が、当たった、外れた。

 

その様な事を議論している訳ではなく、

今後、起こりうる確率の問題を、議題にあげ、

より高確率なリーディングを目指そうというものです。

 

私が考えるテクニカルリーディングの中で、

現在最強と、考えているツールが、

 

 「ライン」

 

だと思います。

 

テクニカルは、様々な物がありますよね。

 

でも、売買ポイントっていうものは、

そうは変わらず、どのテクニカル指標を見ても、

あまり変わらない事に気がつきます。

 

様々な指標、

移動平均線や、一目均衡表や、オシレーター等色々とありますが、

ラインだけは、売買ポイントを明確に示していると考えています。

 

ハッキリ言って、

ラインだけで、トレードする事は可能でしょう。

 

それだけ、ライン(線)引きは、

重要な作業と考えています。

 

脱線しましたが、

 

週足でざっくりと、

108円~114円位が、現状のボックス相場だと思います。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20170717050000p:plain

週足目線を、日足に落とし込みました。

 

以前、抵抗体と書いていた、

112円~115円位の赤枠の抵抗体が、

ここで作用して、上を拒まれたようにも思われます。

 

この考えで行くと、

赤枠という112円~114円か115円位は、

意外と影響力を持っていて、

 

しかも、4月の春先から作った、

108円~112円という縁の下の力持ちも、

下の抵抗体として作用し、

今後は、両者の駆け引きという展開になりそうです。

 

12時間足

f:id:soubanotakumi:20170717052602p:plain

現状は、ざっくりと、青枠でのボックスですよね。

先週下げてきましたが、下には、

あの縁の、縁の下の力持ち(108~112円)が

いる事を思い出します。

 

ここら辺が、今週からの展開でしょう。

 

8時間足

f:id:soubanotakumi:20170717053556p:plain

段々と、確信に迫ってまいりました。

 

下は緑枠の支え、

上は、2つの黄色枠(113~114.5円)の

抵抗でしょうか。

 

先週下落し、上で叩かれてしまっていますので、

現状は113円上は目先の抵抗ですので、

今週からは、112円と113円が焦点ということです。

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20170717054524p:plain

上の否定型と下の支え。

 

これ見ると、112円は重要な節目となりそうです。

一旦は買われるのが、定石の価格帯のはずですが…。

 

言えるのは、

 

下は、今後112円の緑枠をどのように処理するか。

 ・112円位で反発

 ・112円での揉み合い

 ・112円をあっさり割り込み

 

上は

 ・113円まで戻り叩かれる

 ・113円位で揉み合い

 ・113円をブレークアップし、上へ…

 

こんな感じではないでしょうか。

 

1時間足

f:id:soubanotakumi:20170717055657p:plain

113円は完全否定ですね。

 

つまり、週足でも113円や、114円の上は、

否定されてしまっているので、

週足上値抵抗体(114円上)

という事になります。

 

重要なラインは112円、113円。

 

ここら辺の処理の仕方で、

これからの展開となりそうです。

 

今日はここら辺で…。

7月11日 夜半

今晩は。

 

週明け火曜日ですが、

まともに日記を書けずにいます。

 

私の様な、ちっぽけな人間の日記を、

読んでくださっている方に、

申し訳なく思い、今日は日記を書いています。

 

今日は、相場の情報を書けませんで、

 

大変恐縮な思いで、今の状況を書いています。

 

実母の具合が、どうにも悪く、

私としても、手に負えない状態で、

相場を見る事が…。

 

 

ただの自己ブログ日記にしてしまっては、

面白くありませんので、

 

相場日記として、機能できるよう、

努める事が、読んでくださる方への、

お礼と思っています。

 

大変申し解りませんが、断片的な更新となてしまします。

 

でも、今日のチャートを見て、少し…。

(やっぱりアホですわ)

 

114円台に乗り、今後の展開を考える所ですが、

私はギャン理論に従い、

 

 ブレークアップ?

 (目先115円以上の世界)

 

と踏んでいます。

 

でも、すんなりいかないかと思うのが、

オシレーターの過熱。

 

週足でも、これ以上追うには、

ダイバージェンスを乗りこなして、

もう一段上げれる基台を、

作らなければならない、状況かと思うのです。

 

現在の日足で言ったら、

怖いもの知らずのトレンド相場ですよね。

 

いつ崩れてもおかしくありませんが…。

 

いまのこの値からは、

更に上を追えるのか?

 

もしくわ、だましで、天を打って下落か、

見極める状況にいるのが、今かと思います。

 

私はギャン理論推奨派ですので、

感情的には、ブレークアップを企んでいますが、

果たして結果は…?

 

では失礼致します。

7月10日 日経225

おはようございます。

 

新しい1週間が始まりました。

 

今朝は誰もが、気になる、(私だけか?)

日経225について、書いてみます。

 

最初に、日経225の日足チャートを

 

N225 日足

f:id:soubanotakumi:20170710050500p:plain

日経225という指数ですが、

2万円という心理的節目を超えたのが、6月2日。

 

既に1ヶ月以上経過しています。

 

  2万円回復~(^^)

 

って、ニュースで取り上げられてから、

1ヶ月以上経ち、

今の終値が、7月7日、1万9929円。

 

寂しいではありませんか。

 

大衆心理で言ったら、2万円回復。

ワ~イ! それなら、株を買おう。

 

という構図が 成り立っておらず、

今は2万円を、どう処理するかが、

焦点となってしまいました。

 

2万円を下値の根固めか、

上値抵抗となってしまうのか。

ということです。

 

最高値でも、2万318円で、

チャートで見ても、6月2日の2万円ブレークから、

ほんの僅かしか、新値を追えていません。

 

これが、今の現状ですね。

 

今日はこちらを用意してみました。

 

上段  日経225先物

下段  NYダウ 

日足 比較チャート

f:id:soubanotakumi:20170710052304p:plain

 

ダウもですね、

意外と高値とっていないんですよ。

 

で、私が気になる所を、青丸印をしてみました。

 

共に上値抵抗で、3回跳ね返されているんですよ。

 

「3」

という数字は、時に奇妙な力を持つことは以前書きました。

 

今日はこの3度跳ね返されている現状が、

匂うかな~。って思って書いている訳です。

 

少し前にも書いた通り、

ドル建ての225チャートは、

既にブレークダウンしています。

 

この現状を踏まえたら、高値は売って行く戦略で、

イイのではないかと、考えます。

 

3度の上値抑えを上ブレークされれば、

それはまた強いトレンドですよね。

 

現状の確率論で行くと、上売り、下買戻しの方が、

戦略的には成り立つと考えますが、いかがでしょうか。