FX相場の匠 blog

ドル円デイトレ

180313 今日のチャート

おはようございます。

 

連日、森友問題で揺れている日本ですが、

昨日の日本株(225)は、上寄りの日足クロス。

 

数字だけ見ると350円高で、引け、

足型としては、嫌な雰囲気のクロスと見ています。

 

そして、わが主戦場のドル円は、

週明け一歩たりとも上を追えず、

 

もがき苦しんでいる、状況に居るかと思います。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20180313023859p:plain

 

先週末の流れの日足から行けば、

今週、更に上値は追えたはず。

 

が…。

このタイミングで、この足型…。

 

戻れないのか!

 

そんな印象を、私は受けました。

 

先週はたしか、106円を下げきれず、上に反発してクローズ。

つまり、下は下で底固さが確認されていました。

 

のはずが、上に行けれない。

 

まだ、何とも言えませんが、

コレは厳しい現実なのでしょうか。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20180313024637p:plain

 

まだ、月曜日なのに週足です。

 

今、週足でも陰線を引けば、

週足的下落トレンド継続中。

という流れは、全く不思議ではないチャート型です。

 

コレ、やはり、緑枠から下ブレークしたフォースという物は、

相当だったという事なのでしょうか。

 

このまま、青枠まで突っ込んじゃいますかね?

 

1時間足

f:id:soubanotakumi:20180313025926p:plain

 

はやる気は抑えて、細かく見てみます。

 

週明け、ピクリとも前進出来ず、今の所上否定。

 

107円という節目が、勝手に意識されているのか、

今の所、トレンドが出ている状態とは言えないと思います。

 

もう一度、節目抵抗体を確認のため、リーディングしてみます。

 

青枠というモガキがある為、青枠は節目。

で、青枠下ブレークで下トレンド発生。(105.5円まで)

 

再度、106円を上回ったが、

青枠下で(106.5円)で叩かれ下落。

 

再度、106円下をつけたが、下げきれず、

106円クリア、106.5円をもクリア。

 

で、107円まで。

という一連の流れは、

 

106.5円から107円までは、自由に動き回れるボックス的なエリアで、

今、位置している状況。

と考えています。

 

時間が無くなりました。

 

ここで…。

180311 日曜日

日曜日の朝です。

 

3月第一週が終わったのですが、

振りかえると、随分と揉み合って、これ以上下げず、

 

下げられなければ、上に。

 

という事で、週末にかけて、値を戻したように見えます。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20180311065833p:plain

 

週足は最終的に、陽線。

コレ、差し込み線として機能するか?

 

という、疑問が真っ先に浮かぶのですが、

足型を見る限りでは、短期的に、方向は上。

 

週明けは、

上がどこまで追えるのか、考える所かと思います。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20180311070503p:plain

 

週足の陽線の内訳を、日足で見ています。

 

3月第一週である、直近5本の足取りは、

 

・陽線 

  ⇩

・クロス

  ⇩

・下ヒゲ付きクロス

  ⇩

・陽コマ

  ⇩

・陽線

 

これで、週をクローズ。

 

106円という価格帯に対して、反発した。

という足型でみています。

 

そして、気がつく所は、2月16日に、

一旦106円という底をつけた価格を、

 

もう一度、下に下げようと試みたが、

下げきれなかった。

 

という、今のローソク足の足取りと考えています。

 

ココで言える事は、

 

下に位置する、106円という価格は、今の所大きな節目と捉えられ、

仮に、今後この価格帯に近づくようであれば、

相当なフォースが発生る事も、覚えておきたいと思います。

 

では、上って、どうなんでしょうね。

 

ここら辺が、一番難しいと思うのですが、

この日足チャートでみて、

 

現在は、下げトレンドでの、戻り過程を築いている。

という戻りの局面に居るという事を、

念頭に置きたい所です。

 

青色と緑色の移動平均線は下方向。

 

その下向きに対して、106円で跳ね、

赤色と黄色の移動平均線を抜き、

 

短期線を、上向きにしたところでのクローズです。

 

今後は、長期移動平均線と戦う事となるので、

上での処理が、どのようになるか、

マネジメントしていくところと思います。

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20180311073634p:plain

 

何度も考えている事ですが、

緑枠から下に離れて、2月16日に一旦底。

 

それから反発上昇し、青枠を作って、

107.8円が上限で上否定。

 

そして、今週106円という下を再確認し、再度上へ。

 

この4時間の足取りで、現在青枠に突入。

 

青枠下端である、106.5円をもクリアしている今、

この下支えがどこまで機能するか、

 

また、青枠107円をもクリアし、

青枠上端まで追うことが出来るのか、週初からの流れと思います。

 

1時間足

f:id:soubanotakumi:20180311074917p:plain

 

106.5円をクリアし、107円まで。

つまり、青枠内での攻防ということでしょうか。

 

簡単にみて、

107円をどう処理するか。

 

あと、青枠の上端下端である、

106.5円、107.8円での、動きと見ています。

 

難しい所ではないでしょうか。

 

------------------------------------------------------

 

ところで話はそれますが、

 

今のマーケットって、

世界的に見て、どうでしょう。

 

先週トランプ大統領が輸入規制的な発言をし、

一時、市場も混乱した様子でした。

 

でも今週、週を終えれば、ナスダックなど最高値更新。

 

こう考えて行くと、

つまり、アメリカは終わっていない。

 

まだ、上昇トレンドの最中に居る、

トレンドは継続している、

 

という状況ではないかと思います。

 

世界の中心はアメリカ。

ですが、日本への影響を考慮すると、やはり輸入規制は日本には打撃。

 

このような非常にアンバランスを生んでいる要因が、

トランプ政策による、発言かと思います。

 

しかし、トランプ大統領って、

凄い指導者だと、私は思います。

 

かなり、口は悪いですが、

彼の発言という物を、掘りこんで考えると、

超長い目線で、物事を組み立てれば、

 

自国のアメリカを豊かにするという事は、

世界的にも潤うと私も思います。

 

そういう意味で、

偉大なる投資家、ウオーレン・バフェットが言う、

アメリカは成長を続ける

 

という相場格言は、

 

本当に意味深いものかと思います。

 

 

すみません脱線しました。

 

では良い週末を…。

180309 今日のチャート(東京)

こんにちは。

 

不規則仕事で、こんな東京時間にチャートを見ています。

夜半からまた仕事…。

 

急いで、今の現状を。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20180309143444p:plain

 

106円で、当面のボトムをつけた、と見ています。

戻りと見ているのですが、目安が難しい所です。

 

移動平均線は急降下。

短期線(5日)などは、平坦から、上向きになって、

短期的に、戻りを示しているのが、今の現状と思います。

 

私が使っている

赤色線は5日線

黄色線は15日線

 

つまり、過去5日以内に買った人は、含み益。

過去15日以内に、買った人の平均は、

なからイーブンの損益状態で、

今この足型を作ろうとしている状態です。

 

その前に、買い玉を建てている人達は、赤字…。

という見方で良いと思います。

 

そういう状態で迎える週末、

そして今現在の足型が、上ヒゲ付きの陽線。

 

完全に、上と下の対立が始まっていますな…。

 

長期的目線では、まだ下方向と見ていますが、短期的には上。

デイトレでは、上方向での組みたてで見ています。

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20180309145343p:plain

 

その理由を4時間の軸で見ています。

 

106円というキリのいい節目

そして、106.5円でダブルボトムをつけている事。

 

つまり、

 

106.5円下の赤枠

上は、107円上での青枠2つ

 

この上と下の、攻防の最中に居るのが今。

という事だ思います。

 

一旦は107円トライに失敗し、上ヒゲ。

でも、106.5円はパーフェクトトレンドなんで下支え。

 

まだ、上方向での余力アリアリ。

と見ています。

 

今晩は、

この2つの(106.5円と107円)

処理方法を探る展開と見ています。

4時間に従うと上ですが…。

 

では、よい週末を。

180307 今日のチャート

おはようございます。

 

ドル円、まごついて、いますね。

早速チャートですが、

 

日足

f:id:soubanotakumi:20180307033436p:plain

 

週初から、2本目の日足を刻んでいる所です。

 

今の所、クロスの足型。

 

難しい局面だな。

 

っていうのが、第一印象なんですが、

心を素直に、ニュートラルな状態にして、感情を入れず、

考えてみたいと思います。

 

図の青丸印は、106円というところの攻防をしている所。

 

直近の足3本を考えると、

 

・下ヒゲ付き陰線(底打診)

   ⇩

・陽線(ですが上はあまり追えず)

   ⇩

・クロス(迷っている様子)

 

日足の時間軸では、106円という節目をどう処理しようか、

模索中という回答しか得られません。

 

しいていうなら、

前回の底値と顔合わせをしているので、

もう少し、大きく反発があって、いいように思います。

 

1時間足

f:id:soubanotakumi:20180307034952p:plain

 

前回の、106円の節目での反発は、

ほんの数時間のうちに、行われ、106.7円上まで上昇しました。

 

週が明け、戻り想定というか、上がどこまで追えるのか?

 

という大局的な流れで、

やはり、106円上を超えてきたのですが、

 

時間が経っても、ココまでか…。

 

という見方で、良いのではないでしょうか。

 

つまり、そのうち、

上を追えない失望が広がり、やがて106円割れ…。

 

そんな苦しい足取りに私は見えます。

 

その心理状態を表したものが、

現在の日足に刻まれている形、(クロス)。

 

このまま、今日水曜日に上を追うことが出来なければ、

失望という投資家心理が、

ココからスタートするのではないかと推測。

 

今の所、チャート型として、難しい局面にあるのですが、

売り目線で見てみようと思っています。

180305 今日のチャート(東京)

こんにちは。

 

週明けスタートして、軟調ですね。

早速。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20180305155418p:plain

 

緑枠下端から、今の所、青枠の上端へ向かっている状況なので、

単純に、戻りは、叩いて良いのではないかという、

大局的目線ではいます。

 

そうすると、

当面、緑枠下端には、戻れないとすれば、

下方向の組み立てとなるのですが、

 

ここら辺を下位足で、考えてみます。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20180305160439p:plain

 

108.5円、緑枠下端から飛び出したローソク達は、

一旦106円をつけ、反発し、

108円で頭を抑えられ、再度撃沈。

 

いま、この逆N字波動の最中で、

戻りがどこまで来るか。

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20180305160834p:plain

 

やはり、直近は、106円という節目が、

戻りの節目として機能するかと思いますが、

 

まさか、戻りなく、そのまま下落のパターンもあり?

 

1時間足

f:id:soubanotakumi:20180305161646p:plain

 

4時間足と、1時間足を両方見ながら考えると、

107円上というものは、随分と固いもので、

 

いまは、簡単に手が届く所に、

いるとは言えないと思います。

 

週明け始まって、ギャップダウンでスタートしましたが、

上にも下にも、行けれていない状況が、現状と思います。

 

今の立場からは、

下ブレークはそのままついて行くとし、

 

上がどこまで戻るか、

先週末のクローズと、今朝のギャップの値はやはり節目と考えられ、

このギャップを埋めて推移するなら、戻りを想定と見ています。

 

さてどうか…。

180303 土曜日

前回のチャート日記から、5日経過…。

 

随分と期間が空いてしまいました。

 

ゴメンナサイ、超多忙で、

全く相場と向き合えませんでした。

 

では、週足から振り返って整理してみます。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20180303080026p:plain

 

週足で、大きなトレンドを確認しようと考えています。

 

大きな流れで、

左の青枠というボトムから、上に飛び出した過程が、

オバマ大統領から、トランプ政権へ移行した時の相場でした。

 

大雑把に

下は100円

上は118円

 

で、天をうち、下げてきて、

今迄の緑枠という揉み合い枠を作ってきました。

 

そして今、 緑枠から下方に飛び出したローソク足達は、

どこへ向かっているのでしょう。

 

ふり出しの、青枠との対立という状況です。

 

相場という物は、循環する訳で、

回帰している様子が、見ての通りと納得しています。

 

しかし、フィボナッチ数列が、

ピッタリと来ているのではないかと、感心しています。

 

上118

下100

 

の半値が 109円(緑枠下端)

の3分の2が 106円

の5分の4が 104円

 

2分の1と3分の2は、よく使われる数列で、

アバウトな

5分の1(5分の4)押し(戻り)

 

という値まで、今目指そうかという、流れにいると思います。

その5分の4にまで、戻ってきた位置が、103~104円

 

ちょうど、青枠の上端と一致するではないか!!

 

今の3分の2の値で(106円)で下げ止まるのか、

5分の4の青枠上端(104円)まで行くのか、

 

面白い所だと見ています。

 

そういった目線で、流れは下。

今の週足の、ローソク足の組み合わせも、酷いもんですね。

 

直近3本を見ると

 

・陰線(緑枠下端を飛び出す)

   ⇩

・上ヒゲ陽コマ(下への勢いのあまり調整、上が重いヒゲ)

   ⇩

・陰線(更に陽コマを否定する包み足)

 

コリャ酷い足達ですな…。

 

今のところ下げ止まりが見えていない状況で、

 

先程の3分の2の節目帯(106円)は、

否定するもの(否定中)と見ています。

 

そうなると、下の目処は、やはり青枠上端?

 

 コリャ大相場ですな。

 

大きな流れで、トレンドが発生している訳で、

いずれ、青枠へ突っ込んできて、対立!

 

というシナリオが、

目前に迫って来ているのではないでしょうか。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20180303083131p:plain

 

その週足の流れを念頭に、日足に移して、見ています。

 

青枠からの上昇は、ギャップを空けての、トランプ相場。

 

紛れもなく、ここら辺に(104円位)

節目が存在すると見ています。

 

今回その節目104円位に、

トライするのではないかと見ていますが、

 

重要な節目を見ると、先程のフィボナッチ数列が、

ほぼどこの節目にも、ピタリと当てはまっているのですよね。

 

こういうの見ると、

ゾクゾクするのは、私だけでしょうか(変態なんで…)

 

そして、今いる106円の節目を、どのように処理するかで、

今後青枠まで下げるのか、ここで下げ止まりをみせるのか、

考える所だと思います。

 

今の所、週足目線では、

106円否定という答えでしたが、

来週からの足がどのように加わるかで、(106円の処理の仕方)

 

メイントレンドの組み立てを、考えなくてはならないと思います。

 

ココまで、メイントレンドの流れを確認しました。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20180303084948p:plain

 

106円を割って、今週クローズ。

 

今の所106円否定ですが、

来週から、この106円の処理法を、

見る事となると考えています。

 

1時間足

f:id:soubanotakumi:20180303090750p:plain

 

今週の流れを確認します。

 

ギャップを空け、まごつきながらも、

107円を上ブレーク。

 

ブレークしたが、あんな小さな青枠にまで蹴とばされて撃沈。

で、106~107円の節目でも、支えられなくて下ブレーク。

 

106円という節目も、

あっけなく下回ってクローズしている所を見ると、

やっぱり弱い。

 

クローズ寸前にかなり戻していて、

移動平均線のクロス状況を考えると、

 

週明け、まごつきながらも、

106円位の赤枠へ、戻りのトライを、

するのではないかとみています。

 

どうでしょう、

もう一度、106.7円上の大青枠も、確認しに来るか…。

 

こんな流れで、週明け臨みたいと思います。

18年2月 月次報告と反省 -46pips

2月。

ズタボロでした…。

 

先月の反省が生きていないというか、

トレードするのに、不可能な環境下にいる自分です。

 

自身の生活との、両立が出来ない…。

 

つまり、週末しか、殆ど時間が取れない状況に居る今、

やはり戦術を変更するか、

 

もういっそうの事、相場から退場するか。

 

いまの心境は、そこまで凹んでいます。

 

しかし、病気な私ですので、

相場を辞めること自体多分無理。

 

じゃあ、どうしよう…。

 

今見たら、

トータル的に、収支はプラス。

(僅かな励み)

 

ヤバイのが、昨年末からの生活激変から、見ると、

マイナス収支。

 

やっぱ、いかんな~。

 

しかも、2月の相場、トレンドが発生している時であって、

この優しい相場を取れないようでは、

 

いったい、いつ稼ぐんだ?

 

という結論にぶつかります。

 

ハッキリ言って、あの緑枠下端から落ちた訳ですから、

ほっときゃ、儲かっているはず。

 

そこに私が、下手な鉄砲を撃ったわけで、

ほんと、自身の弱さを突き付けられています。

 

今、3月3日の土曜日の朝に、反省文を書いているのですが、

こうしている間も、相場は動いています。

 

今週、まともにローソク足を追えず、

日記もかけず、

そして週末…。 さみしい…。

 

かなり落ち込んでいますが、

自身で打破していくしかありません。

 

解決策を考えよう。

180227 今日のチャート

おはようございます。

 

いつものチャートリーディングの時間です。

 

昨日、週明け、

なんと、ギャップアップスタート!

 

15分足

f:id:soubanotakumi:20180227043450p:plain

 

ギャップで上に飛び、107円超え。

 

そして、すぐさま陰線で反された様子は、

107円上に、上の節目抵抗があると推測。

 

で、下に向かって、

106,7円割れの値を刻んだのですが、

 

106,5~106,7円でボトムを作った様子。

 

 (昨日、私ここでやられました)

 

106,7円という赤枠は、下の節目と、

今の所言えると思います。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20180227044149p:plain

 

日足の軸で、移動平均線の並びから見ても、

トレンドは下方向である事は、うなずけます。

 

そして、直近の足は、下ヒゲ付きの首吊り型陰線。

 

 これをどう読むか?

 

単体で読むと、これ以上、上に行けれない

 

 「苦しい!」

 

って叫んでいる様子。

 

つまり、上に抵抗があるという事を教えてくれていて、

いまの足から、どちらに動くかによって、

日足の本トレンドが、決まると考えています。

 

何度見ても、現在のトレンドは下方向。

 

仮に、この下の流れを崩す、

上向きのフォースが発生するとなれば、

 

それはそれで、勢いとして、

現状を受け入れなければなりません。

 

それが、週初に(昨日)作られた、

ギャップの処理方法でしょうか。

 

しかしです、週明けの世界マーケットがぶっ飛んでいて、

ダウ平均株価など、上。

 

ダウ日足

f:id:soubanotakumi:20180227045034p:plain

 

マジで、戻りを試しているんですよ。

最高値まで行くかは、解りませんが…。

 

日経も夜間でも堅調。

 

どうも、最近の流れで、ドル円の動きが、

遅れているように感じるのは、私だけでしょうか。

 

こう考えて行くと、我がドル円も、

107円のギャップは、上ブレークする??

 

そんな目論見で、

今日のチャートを見てみたいと思います。

 

では。

180224 土曜日

おはようございます。

 

多忙で、しばらく時間が空いてしまいました。

そして、もう週末。

 

今、5時20分で、まだクローズしていないのですが、

今週の足を、検証していと思います。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20180224052049p:plain

 

緑枠下端から、飛び出した陰線に対する、

今週のアプローチですが、上ヒゲ付きの小陽線。

 

先週の陰線の中での動きで、

これをどう読むか。

 

上ヒゲがやや長めですので、上が重い事が解る事と、

下は今の所、何とか食い止めた状況という見方でいます。

 

先週の陰線は、

ボリンジャーバンドのマイナス2σをも、飛び出す勢いですので、

 

下方向への勢いが、

たった1本の陰線で、終わりという見方は。

まだ早いかと思います。

 

今週の足は、調整足で、

次なる力をため込んでいる状況ではないでしょうか。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20180224053047p:plain

 

この移動平均線の並びを見ると、恐ろしい事ですわ。

上より下。

 

という考えは、今の所継続せざるを得ません。

 

ただ、下は106円でコツンと底打ちした感ありの、

日足連続陽線が教えています。

 

こう見ると、大局的目線で、

上の大きな抵抗体は言うまでもなく緑枠全体。

 

では、下は?

 

週足

f:id:soubanotakumi:20180224054900p:plain

 

2016年に、1ドル100円近辺で、揉み合った枠が存在します。

どうもここら辺が、意識されている様で、

一旦の反発という事になったのでしょうか。

 

大きな目線で見ると、

 

上の天井 118円

半値   109円

下の底  100円

 

とう見方で、109円という半値を、

緑枠で否定していますので、

 

やはり先週つけた週足陰線は、今のところ、

上の緑枠否定足という、プライスアクションの足と見ています。

 

今後もう一度、緑枠にトライして来る事はあるのでしょうか。

 

大局的には、こんな目線で見ています。

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20180224060100p:plain

1時間足

f:id:soubanotakumi:20180224060655p:plain

 

緑枠下端から下方に出た軌跡は、4時間足の流れで見て、

その過程で、上と下を、

どのように処理しながら推移したかを、1時間の軸で追っています。

 

下は106円割れで反発し、

青枠という揉み合いをブレークした赤丸が、

ダウ理論で言う切り上げ。

 

日足陽線を、描いている最中がここら辺で、

上は、108円が意識されていたのか、

赤枠を作った過程で、週末を迎える事となりました。

 

両枠へのアプローチで、週初を迎えるのですが、

外部環境を色々と精査すると、

どうも踏ん張るのではないかと、見ています。

 

ダウ日足

f:id:soubanotakumi:20180224061754p:plain

 

世界の中心ダウ平均株価。

足取りが軽いんですな。

 

死んだかと思っていたのですが、

このタイミングで陽線を立てて、下を否定してきています。

 

こりゃ週明け、ドル円は戻るのではないかと推測。

 

揉み合いながら、あの緑枠への処理という事になりそうです。

 

では。

180220 今日のチャート(東京)

こんにちは。

 

東京時間というか、

もう間もなくロンドン時間なんですが、

現状確認です。

 

1時間足

f:id:soubanotakumi:20180220162531p:plain

 

今朝考えていた、106.7円というラインを、

東京時間中に、何とかクリアしてきた様子が、今の現状かと思います。

 

しかし、なんか弱々しい足取りで、チョット押されれば、

崩れてしまいそうな様子にも見えます。

 

昨夜ダウが休場だったことで、流れが定まってくるのも、

今晩以降という事でしょうか。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20180220163253p:plain

 

日足陽線3本目にトライ!

 

直近の4本の足型を読むと、

 

陰線で失望

 ⇩

下ヒゲ付き陽コマ

 ⇩

小陽線

 ⇩

陽線になるか?(未確定)

 

最初の1本の陰線の中だけの動きで、陽線が刻まれています。

 

今日の陽線が確定足となれば、

仮の底打ちと、考えられるかと思うのですが、

この角度の、MA5の線を抜けれるか疑問に思います。

 

 

節目らしくない、107円というキリのいい数字も、

気にされているのか良く解りません。

 

また、上にトライするという動きとなれば、

それはそれで、違ったフォースが出て来ているものと思います。

 

今日のロンドン以降で、ここら辺の答えが出そうで、

待ちの相場と考えています。

 

では、明朝日記を書けませんが、これで。