FX相場の匠 blog

デイトレ

複数時間について ⑤

前回の、「複数時間について④」からの、

続きの内容となります。

 

取り上げたのは、4時間足のチャートを基準として、

詳細を1時間足で見てみる。という、試みでした。

 

前回、違いについて。と書いて締めくくっていますが、

実際、違いは殆どありません。

買いポイントは、買いポイントです。

 

簡単に、4時間足よりも、1時間足の方が、

シグナルが出るのが、早い。

という事でしょうか。

 

今回4時間足を基準にしたわけですが、

4時間足チャートで、強いトレンドが出ている時を、

1時間足といった、より小さな時間軸に落とし込み、

 

更により小さな、30分や15分といった、時間軸を使って、

エントリーを図ろう。という考えです。

 

で、ここで、ダウ理論の高値と安値切り上げ(下げ)による、

トレンド識別法を使うのですが、

実際トレンドが出ている時。って

スゴク、短い時間となります。

 

チャートを刻んでいる殆どが、ボックス相場である事を、

認識しておくべき。でしょう。

 

4時間足チャート

f:id:soubanotakumi:20170305101608p:plain

先程の4時間足チャートに、アトランダムですが、

ジグザグの水色のラインを書き込んでみました。

 

ダウ理論で言う、トレンドが出ている時は、

桃色の矢印のときです。

 

 ・Aからの上昇

 ・Dからの上昇

 ・Fからの下落

 

 直前の高値(安値)をブレークした時となります。

 

このトレンド相場を、より短い時間軸で、

見て行く事になるのですが、

 

1時間チャート

f:id:soubanotakumi:20170305102133p:plain

4時間足チャートの、トレンド相場を、

1時間足に落とし込んだ図が、こちらです。

 

1時間のチャートにも、ジグザグを書き込んで、ダウの唱える、

トレンドを考慮して考えると、

 

 ・Aからの上昇

 ・Dからの上昇

 ・Fからの下落

 

という親分にあたる、4時間足のトレンドの視点で見ると、

強い売買ポイント。っていうのが見えてくると思います。

 

で、これを更に小さな時間軸で、マクロ的視点で考え、

なるべく、逆行の少ないトレードを。

また、より正確なトレードをしよう。という事です。

 

少し難しいですかね。

今日は、ここまでにします。