読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX相場の匠 blog

デイトレ

3月15日 早朝

昨日、ロンドン時間で堅調なスタートを切ったかと思いきや、

天井でしたね。

ニューヨーク時間に移っても、円高に振れております。

 

今日で週も半ば、水曜日。

まだ、早いですが、週足がどのような軌跡で足を刻むのか、興味深いです。

 

今、見てみましたが、結構上が重い足になってきています。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20170315043827p:plain

週足のMA15って、まだ抜けないんですよ。

今回ばかりは、抜き去るチャンス。

 

と思っていましたが、休憩中なのか、これが精いっぱいなのか、

見方が解れるところだと思います。

 

週足を主軸としているトレーダーは、

まだ、安心して買いに出れない局面と、改めて理解いたしました。

そういえば、バンドも幾分縮小方向に向かっているようです。

そうなると、上方向って、重い様にも感じ取れます。

 

12時間足

f:id:soubanotakumi:20170315044251p:plain

114.5~115.5円での高値もみ合いが解ります。

昨日のロンドンでは、ここで陽線を立てる動きでしたので、

非常に強い相場に感じ取れました。

 

結局は、上ヒゲの足に変身してしまいました。

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20170315045022p:plain

12時間足を軟調な足にしたのが、4時間足で引いた大陰線。

これを見る限り、今の所、上は無理だと否定している足と読み取れます。

この足、プライスアクションの視点で、採用できるのではないでしょうか。

 

焦点は、東京時間で114.5円割るか??

 

1時間足

f:id:soubanotakumi:20170315045311p:plain

1時間の足ですと、114.5円で跳ねています。

トレンド出ていませんね。

 

これが崩れるのか、それとも、しばらく114.5~115.5円の中に、

留まるのか、戦術としてもやりにくい所です。

 

見てもしょうがないですが

30分足

f:id:soubanotakumi:20170315045530p:plain

どちらかというと、下方向優勢です。

足をみても、陰線多すぎ!

やはり、東京時間が怪しい?

 

以上が今朝の相場雑感です。

 

最近、時間がなかなか取れず、トレード出来ずにいます。

無理をして玉を撃てば、持っていかれるのは既に承知済み。

 

しかし、自分のライフスタイルと、戦術が合っていない今の現状を捉えると、

時間を作るか、戦術を変更するかの2択しか解決策はありません。

 

少し考えているのが、戦術の変更。

 

より、スイングに近い戦法も考えているのですが、

何分仕事中に両立出来るのかも、問題点として浮上しています。

 

イデアの一つとして、

例えば今日の相場勘から、

114.5円を割る動きになるのではないか。

という一つの仮説が、浮上しております。

 

ならば、先に売っておけ。

 

という単純な考えなのですが、そう簡単に行きません。

 

これを、キチンとしたトレードルールを作らず、

直ぐに売るといった行為をしてしまうと、

暴走しかねません。

 

売るにしても、ルールがあります。

 

例えば、いまのチャート型で114.5~115.5円で

ボックスと判断しております。

当たり前なのですが、トレンドに入る前って、ボックス相場なんですよね。

 

トレンドからトレンド転換を経て、直ぐに逆行する事もありますが、

ほぼ買いと売りの両者の攻防を経て(ボックス)、

トレンド転換にと、移っていきます。

 

ここにヒントがあるのですが、ボックス圏を経てトレンド転換ならば、

そのボックスの上端で売ればいいのではないか。

という考えであります。

 

ロスカット比率も考慮し、勝算があるようにしなくてはならないのですが、

エントリーが非常に難しい。

 

逆張りになるからです。

 

せめて、15分や30分といった短い足が崩れるのを狙うか、

1時間の足まで使うのか、ましてやオシレーターを使うか、

考える余地は沢山有ります。

 

ボックス相場でのオシレーター戦術って、かなり有効な戦法である事は、

トレード戦術の中でもメジャーであります。

私も習ったことがありますが、

キレイなボックスだと、撃ちやすい。

 

つらつらと、書き出してみましたが、

かなり考えて、作戦を練らなくてはなりません。

やってはならない事は、行き当たりばったりのトレード。

だと思います。

 

ではこの辺で。