読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX相場の匠 blog

デイトレ

3月26日 週末

おはようございます。

 

バタバタとした一週間で、あっという間に、週末になってしまいました。

もう、来週へ向けてのチャート読みをすることになります。

 

毎日、時間が過ぎるのを忘れる程の忙しさの中で、

仕事とチャートと向き合っていくのは、

ホント、体を酷使されます。

 

仕事も、チャートも、どちらも待っていてくれないんですよね。

 

自分が相手のペースに合わせて生活する事も、

トレーダーとして、自覚する必要があると思います。

 

  「思いやりの心がけ」

 

って、こんな所にも、現れてくるものだと感じた一週間でした。

 

さて、チャートの方です。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20170326061327p:plain

大雑把に水平ラインを引きましたが、今下ヒゲ付きの陰線で、

MA25を割ってきました。

既にMA5,15は下を向いてしまいましたね。

 

両者の攻防が、このボックス下限で行われることになります。

再三書いているように、112円上のボックスに戻れるか、否か。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20170326061732p:plain

ボックス下限割れ。

で、バンド拡大中。

チャート原則に基づくと、ブレークダウンと読んでいいかと思います。

 

12時間足

f:id:soubanotakumi:20170326062107p:plain

こういう事だと思いますが…。

 

上の大きな赤ボックスを否定され、112円をブレークダウン。

そして、今、短い時間軸で黄色ボックスを形成した所。

 

複数時間軸の大局的目線で時間を絞っていくと、

今の現状が良く解ると思います。

 

問題は、黄色ボックスを上回るのか、下回るのか。

 

上回れば、赤ボックスに入れる可能性もあります。

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20170326062803p:plain

詳細図が、こういう事になるかと思います。

赤を否定され、現在揉み合い中。

黄色のレンジを推移している所です。

 

1時間足

f:id:soubanotakumi:20170326063057p:plain

更に時間を絞ると、こういう感じでしょう。

赤を否定され、ブレークダウンし、黄色ボックスで推移。

現在は、黄色のレンジでどうするかが、焦点となります。

 

黄色の下限は、110.8円、上は111.5円。

 

このレンジ内でジグザグを描いています。

ダウ理論でも、

1時間のチャートで、トレンドは発生していません。

 

念のため30分足

f:id:soubanotakumi:20170326063533p:plain

今は黄色内を、ウロついている状態が良く解ります。

 

で、ここら辺まで読んできて、

値動きのパターンを、いくつか考えるのですが、

 

 

黄色ボックス内を推移の場合

 

・黄色内を、散々動き回って推移。

・黄色枠の上限下限を、ブレークする動きを見せるが、

 どちらにもブレーク出来ない。

 

 

黄色ボックス上抜けの場合

 

・111.5円を超え112円の間で推移。(黄色と赤の間)

・112円を超える動き。

・112円であっさり否定され、黄色に戻る。

・112円付近で乱高下し付近でボックスを作り、その後を探る。

 

 

黄色ボックスを下抜けの場合

 

 

・黄色下限でのブレークダウンの攻防が起き、乱高下。

・あっさりブレークダウン

 

 

大雑把に、こんなパターンが浮かぶでしょうか。

 

週初はこのパターンの、どれかに当てはまると思いますが、

こういった値動きのイメージトレーニングって、大切な事だと思います。

 

冒頭にも書いたように、

相場という、とても厄介なものを扱う私たちは、

相手に合わせて行動する必要性があると思います。

 

  頼むから、待ってて

 

と言っても、待ってもらえませんし、

ましてや、今挙げた、チャートパターン以外の行動をとる可能性もあります。

 

  女心と秋の空

 

ではないですが(女性を否定するつもりはありません)

 

相場って、掴みどころが無く、

相手が動いた方向を、直ぐに察知し、

行動を共に出来れば、利益はついてくると思いますし、

相手に合わせられなければ、振られてしまいます。

 

相手の気持ちになって考えれば、どのような行動をとればいいのか、

答えが出ると思います。

 

相場って、そういうも物ではないでしょうか。