読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX相場の匠 blog

デイトレ

4月2日 日曜日

今日は日曜日。

 

休日、ゆっくり過ごしている。

と書きたいのですが、やる事が盛りだくさん。

 

自分の人生が、こんなんでいいのか、問うてみたいですね。

自分で作ってきた道筋ですので、

変えるのも、そのまま進むのも、自分次第です。

 

相場を通して、学んで来たことが沢山あるのですが、

その中でも、他の人以上の能力を、身に着けられたことは、

決断力だと思います。

 

意思決定のプロセスを、

忠実に実行しなければ、ならない相場において、

瞬時に適切に判断する能力って、非常に求められる事と思います。

 

ラリー・ウイリアムズさんでしたっけ?

瞬時に複数の投資手法を考え、売買決断をする達人。

 

ラリーさんのように、そこまでトレード脳を、

発展させる事は出来ませんが、

自分でも伸びたとは感じています。

 

そのうち、こういった、

トレード脳の内容についても、書いてみたいですね。

 

さて、4月新年度がスタートします。

各投資会社も、昨年度笑った、泣いた。と様々だと思います。

 

私は、たった一人のトレーダーですが、

新年度と言うと、なんか新鮮な気持ちになります。

頑張っていきましょう!

 

 

では、チャートの方です。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20170402092144p:plain

 週足で、1本確定足が追加されました。

足単体では、上ヒゲ下ヒゲ付きの、迷っている足型。

移動平均線の向きを見ても、判断が難しいです。

 

先週末、もしかして、捨て子を作るか?

なんて大胆な事を書きましたが、予想は外れ。

 

結果、ヒゲ付きのコマでしたが、

相場を予想ほど、当たらないものです。

自分に再認識させるべきでしょう。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20170402093026p:plain

もう一度整理しておきます。

 

大まかな流れで、ここら辺での戦いですね。

・赤枠112円~115円のボックス

・黄枠110.2円~111.5円のボックス

 

今回青枠(110.2~110.8)を省き、黄色に盛り込みました。

 

31日金曜日は、112円を否定する陰線で、

週を終えた事が印象的ですね。

 

更に細かく掘ってみましょう。

 

12時間足

f:id:soubanotakumi:20170402093603p:plain

赤枠は絶対的に上にある抵抗体です。

どう見ても重いですね。

赤枠で買ったトレーダーは、含み損を抱えて、

 

  何とか戻ってくれないか?

 

と、考えている負け組がいる事でしょう。

実際、112円まで戻って、一発で反されていますね。

絶好の売り場だったのです。

 

で、今後の展開を考える訳ですが、

 

先週書いた内容に、12時間足で首吊り線の事を書きました。

3月最終週は、首吊りを作った111.4円を、

否定して始まりましたが、

 

最終的には、この首吊り線を上回る、

112円トライまで、上を追いに行きました。

 

つまり、下である黄色ボックスを否定し、上に向かった。

 

ですが、あの重い赤ボックスで、ひと蹴りされて凹んだところでしょう。

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20170402094732p:plain

最終的に、111.3円付近でクローズしていますが、

黄色ボックスの上端で、止まっている。

と考えていいでしょう。

 

今の説明を、色分けしてみましたが、

今の値(値段)は、赤枠と黄色枠、どちらにも否定されて、

行き場を探っているグレーな最中。

 

  今後、どうしようかな?

 

というチャート型だと思われます。

今見ている4時間のチャート単体で見ると、いくらか下げの方が優勢かな?

位にしか、私には読み取れません。

 

ホント、わかりませんな。

 

1時間足

f:id:soubanotakumi:20170402095524p:plain

1時間の詳細をこうして見てみますが、

今言えることは、グレーゾーンを進む確率が高いか?

 

黄色ボックスに突入の場合

・以前の首吊り線の節目を否定する事になる。

・黄色に入る事は、赤を否定、グレーをも否定、つまり超失望

・黄色の抵抗をもう一度動き回って上抜け(黄色が鉄板になる)

・黄色を歩み下抜け(下げの新トレンド発生)

 

グレー推移の場合

・週明け、とりあえず黄色上限を上回りグレーを進む。

・グレー内で、赤下限黄色上端とボックス推移の動きになる。

 

赤枠へ行く場合

・黄色を否定する事になる。(下値は堅い)

・グレーゾーンも、下値としてサポートする事になる。

(黄色灰色の下値支持ができる)

・赤ボックスでの違う戦略を考えなければならない。

 

つらつらと、思いつくことを書いてみました。

 

30分足

f:id:soubanotakumi:20170402100613p:plain

やっぱ、黄色上端で支持され、グレー濃厚かな?

わからん…。

 

以上、日曜日のチャート分析でした。