FX相場の匠 blog

デイトレ

今日は、割と遅い出勤。

少し時間がありますので、何か書いてみようと思いました。

 

そうだ!

相場のウンチクについて、書いてみよう。

 

ということで、自分自身の考えを、無造作にですが、

書いて行こうと思います。

 

昨日の日記の中で、「トレード脳」っていう言葉が、ありました。

聞いたこともない人も、いるかと思うので、

少しですが、触れてみたいと思います。

 

トレード脳って、一言で言っても、

様々な角度からの捉え方があり、一概には言えません。

 

非常に奥が深いカテゴリーなので、

少しずつになりますが、書いて行きます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

相場と接するうえで、重要な事って何でしょう?

 

自分自身で、少し考えましたが、うまく言葉で言えない…。

 

私も、もう長いこと相場に入っていますが、

何年経っても、自分自身が、「完璧だ!」

 

って言えるまで、成長できないんです。

 

  相場の道は、「いばらの道」

 

何て言いますが、ホントそうです。

 

 

長いこと相場を歩んできて、解ったことですが、

相場自体に、正解という回答が、

無い為ではないでしょうか。

 

1足す1が、2になる時もあれば、

全く違った回答になってしまう事もあります。

 

ここら辺に気がつかないと、

次のステップへなかなか進めません。

 

ある時、チャートを見ていて、

自分の脳裏に描く進路に、

ローソク足が、ピッタリ推移してきたとしましょう。

(予測が当たった時の事です)

 

そんな時、自分では、

スゴイ予測をしたもんだ。

このトレードルールなら勝てる!

 

こんな感じに、思うのではないでしょうか。

 

そのパターンを、脳裏に焼き付けてしまった自分は、

その後、しきりにその時と同じ状況を探し始める。

 

そして玉を撃ち、負ける…。

 

まあ、何度も私がやらかした過ちなのですが(笑)、

完璧を求めてはいけないんですよね。

 

正しい回答はありませんから…。

 

では、私たちトレーダーが、日々、行う事は何でしょう。

 

私も毎日チャートを見ていますが、

その中でも、

 

「今後、このように推移する確率が高い」

 

という確率の問題を鞍上に挙げ、

なるべく、それに近づけ、

しかも、その値動きの中で、ボラティリティを取る。

 

という非常に困難な作業を要します。

 

完璧な動きを予想することなど不可能で、

こうなったらこうする。

 

といった、自分の行動パターンを、

いくつも用意しておく必要性があるでしょう。

 

それがトレードルールであって、

自己ルールの確立だと思います。

 

ルールを作っても、守らなければ意味がありません。

 

守ってこそルール。

 

順序を正すと、

それだけルールを作る事の重要性が、解ると思います。

 

 

今書いている内容は、自分自身の為に書いています。

 

人間って、非常に弱い生き物であり、

周りに流されやすいものです。

 

100人が一斉に並んでいる列を見て、

自分のルールに抵触している場合、

たった一人の自分ルールで、行動出来るでしょうか。

 

非常に難しいものです。

 

以上

 

 

カテゴリーを新設してみました。

 

 バー「匠」

 

です。