FX相場の匠 blog

デイトレ

5月10日 早朝

おはようございます。

 

きょうは、最初から、何を書いて行けばいいのか、

迷ってしまいます。

 

書く事が多くて、整理できないのです。

 

困っているなら、時間ももったいないので、

チャートに、書く事を聞いてみましょう。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20170510034947p:plain

現在の値、114.2円程です。

 

  はいっ??

 

  112円はどうした?

 

と、聞かれても、既に2円下の出来事です。

 

そう、異次元の世界へ、スタートしたようです。

 

以前から申している、赤枠112円~115.5円のエリアに、

首を突っ込んできているのです。

 

月曜日、私が、

113円の節目を試すのではないか?

 

という書き込みは、

既に下値の支持ラインとして、転換しております。

 

この週足のチャートで見て、

赤枠上端の115円を、目指している状況が見えます。

 

もっと、大局的な目線で見ると、

118円超に、黄色枠の重しが見えます。

 

大きな目線で見れば、115円位は達成できそうで、

115円~黄色下端の118円付近は、

グレーなゾーンとして、見えるのではないでしょうか。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20170510040822p:plain

しかし、見事なトレンドです。

 

斜め下降ラインなど、もう、他人事のようです。

 

赤枠での推移中で、115円の上端を目指しているようです。

斜め上昇ラインを引こうと、散々考えましたが、

こんな感じでしょうか(水色)。

 

12時間足

f:id:soubanotakumi:20170510041649p:plain

相場の足が早すぎて、直近で機能するラインは、

どれか、考えものです。

 

現在の値114.2円で、

上は、115円として、

下は113.7円かな?

 

12時間の軸では、この位しか、

節目を拾えません。

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20170510042400p:plain

4時間の足です。

 

  勢い、凄すぎ!

 

バンド2σを突き抜け、3σかな?

 

直近で影響するラインは、114.5円と113.7円。

 

本日10日、東京時間あたり、

一旦、調整域に入ってくるのではないかと推測。

 

この4時間で見ても、

115円上端は、結構強い上値レジスタンスで、

利食いエリアとして見えます。

 

114.5円より上は、

結構アバウト。

 

という事です。

 

かといって、下げれば下で、

買いたい人が沢山いるでしょうから、

下げても、目先113円レベルではないでしょうか。

 

1時間足

f:id:soubanotakumi:20170510044740p:plain

この1時間を見て、上方向を捉える事は出来ません。

 

ですので、チャートの勉強という事で、

少し振り返ってみたいと思います。

 

月曜日、寄り天で下げ、

113円下に位置していました。

 

この時点で、113円というラインは、上値の抵抗として、

機能していたラインです。

(ブレークアップも視野といったところです。)

 

私が、少し、待ち。

といったタイミングでしたが、

 

その後仕事に出かけ、

113円にトライする動きを見て、

スイング目線で、思い切って買ったんですよ。

 

見事、ブレークを果たし、

中期や長期、目線のトレーダーをも、

動かすトレンドが発生しました。

 

一気に赤枠の上の辺りまで動けた。

という事です。

 

買い玉を入れたもの、スイング目線の玉ですので、

段階的に利喰いたいと思い、

 

3等分したうち、

既に2等分は、段階的に利喰っているんですよ。

 

  早かったでしょうかね?

 

というのも、

節目に到達したからです。

 

後のたった1枚ですけれど、

買い値に戻っても、いい。

 

という気持ちで、持っています。

 

しかし、分析が功を奏したのか、

あっという間の出来事で、

自分でも、何のためらいもなく、

 

ましてや、仕事中に玉を建て、

一撃でかなりの利益が出さたことは、

 

毎日毎日、チャートとの対話を重要視して来たご褒美だと、

思っています。

 

でも、こういう局面に来て、

自身で、色々と考える所が沢山あるんですよ。

 

デイトレから、スイング目線に切り替えたことは、

結果、良かったとして、

トレードで最も難しと言われる、利食い

 

勿論今の私には、身に着けていない手法で、

トップトレーダーも、一番の悩みどころと聞きます。

 

ギャンの28カ条によると、

金管理、手仕舞い、といった言葉が胸に刺さります。

 

考える所は沢山あって、

相場の道の険しさも、突きつけられたところです。

 

こんな風に書いてきたら、

また時間が無くなってしまいました。

 

では、出勤です。