FX相場の匠 blog

デイトレ

人格

最近、日記を休んでいますが、

実母の病気が悪化してしまいまして、

ごたついておりました。

 

タダでさえ、時間がない私ですので、

状況的に不可能でした。

 

高齢な母の為、容体悪化~入院治療。

という事なのですが、

 

こんな私生活の中からも、

相場に対する姿勢みたいな事を、

学ぶ事が出来ましたので、

今回は、その話を。

 

つまらないですがね…。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私も、自身で常識人間と思っていますので、

母の様子を、第一報として、

離れて暮らしている母の兄弟へ、

連絡しておいたんです。

 

ですがね。

 

 周りが(兄弟が)、うるさいんですよ。

 

 ああしろ、こうしろ  って。

 

電話攻撃から始まり、しつこいSMSメール攻撃!

(メール攻撃までされるとは思いませんでした)

 

これでは

 たまったもんじゃ、ありません。

 

あまりにも、うるさいので、

 

  全く困っていません!

 

って、突っぱねてやりました。

 

私生活の話はココまで。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

  

という事なのですが、

この兄弟の行動を見ていて、

 

  頭わるいな~

 

って、思ったのです。

 

私、自分にうぬぼれている、訳ではありませんが、

私達が、日々向き合っている相場って、

非常に学べる事が、沢山あると思っています。

 

数年に一度は、

恐慌的なパニック的な暴落が起き、

 

自分の推測したチャート通りに動かない事など、

頻繁に起こります。

 

その中で、相場と戦って行くには、

即座に適切な判断を下し、

瞬時に売買行動を、取らなくてはなりません。

 

自分の戦略が大きく外れ、

相場が逆方向を向く事は、

しょっちゅうある訳です。

 

まあ、それも想定内。

と言えば、それまでですが…。

 

ここで、

トレーダーに求められる、

 

  「人物像」 

  「人格」

 

といった物は、

非常に高いレベルを要求するんですよね。

 

何て言えばいいのか解りませんが、

簡単に、

 

  意思決定プロセスの能力

 

こんな所でしょうか。

 

相場と向き合う私達って、

毎日が、こういった能力を求められ、

鍛えられているんですよね。

 

 

 周囲に居ませんでしょうか?

 

仕事上の問題解決に、

大の大人が、何人も寄って集って、

 

  あ~でもない、こ~でもない

 

と、うんちくを言い合い、

 

適切な処理も出来ず、

時間だけが過ぎ、

その時だけ、問題を沈静化させ、また再発する。

 

  最低です

 

そして、

その上司に、ゴマをする部下。

 

  アホか…

 

これでは、日本が良くならないはずです。

 

日本人って、このような傾向が非常に強く、

こと相場には、向かないと言われています。

 

相場に求められるトレード脳力が、

全くと言うほど、達していないようです。

 

 普通に生活していれば、

人生の中でも、大きな出来事が、

10年に1度あるかないか。

 

でしょうが、

相場では違いますよね。

 

頻繁に起こる問題。

また、それに対する処理スピードも…。

 

こう書いて行くと、

私自身も、相場と長く接していますが、

未だに、 道半ばも達していない様に感じます。

 

  相場の道は、いばらの道

 

非常に険しく、乗り越えるには、

一つ一つ紐を解いていくしかありません。

 

今日は、また違った角度から、

相場というものを見てみました。