FX相場の匠 blog

デイトレ

7月10日 日経225

おはようございます。

 

新しい1週間が始まりました。

 

今朝は誰もが、気になる、(私だけか?)

日経225について、書いてみます。

 

最初に、日経225の日足チャートを

 

N225 日足

f:id:soubanotakumi:20170710050500p:plain

日経225という指数ですが、

2万円という心理的節目を超えたのが、6月2日。

 

既に1ヶ月以上経過しています。

 

  2万円回復~(^^)

 

って、ニュースで取り上げられてから、

1ヶ月以上経ち、

今の終値が、7月7日、1万9929円。

 

寂しいではありませんか。

 

大衆心理で言ったら、2万円回復。

ワ~イ! それなら、株を買おう。

 

という構図が 成り立っておらず、

今は2万円を、どう処理するかが、

焦点となってしまいました。

 

2万円を下値の根固めか、

上値抵抗となってしまうのか。

ということです。

 

最高値でも、2万318円で、

チャートで見ても、6月2日の2万円ブレークから、

ほんの僅かしか、新値を追えていません。

 

これが、今の現状ですね。

 

今日はこちらを用意してみました。

 

上段  日経225先物

下段  NYダウ 

日足 比較チャート

f:id:soubanotakumi:20170710052304p:plain

 

ダウもですね、

意外と高値とっていないんですよ。

 

で、私が気になる所を、青丸印をしてみました。

 

共に上値抵抗で、3回跳ね返されているんですよ。

 

「3」

という数字は、時に奇妙な力を持つことは以前書きました。

 

今日はこの3度跳ね返されている現状が、

匂うかな~。って思って書いている訳です。

 

少し前にも書いた通り、

ドル建ての225チャートは、

既にブレークダウンしています。

 

この現状を踏まえたら、高値は売って行く戦略で、

イイのではないかと、考えます。

 

3度の上値抑えを上ブレークされれば、

それはまた強いトレンドですよね。

 

現状の確率論で行くと、上売り、下買戻しの方が、

戦略的には成り立つと考えますが、いかがでしょうか。