FX相場の匠 blog

デイトレ

7月19日 早朝

おはようございます

 

前回、重要な節目が112円と113円書きました。

その1円の値幅内というものは、

割と好き勝手に動けるエリアで、裏を反すと、

 

デイトレ組の短期資金が、メインに動く価格帯。

という事だと思います。

 

大きな資金を動かす機関投資家達は、

この節目をどちら動くかを、考案中。

という状況だと思います。

 

そして、昨日、週明けの東京時間からは、

とりあえず、112円の節目へ向かった。

 

という所で、112円の処理をどうしようか?

と、攻防が始まった模様です。

 

夜間に、既に111.6円迄、値を下げている所を見ると、

割と売り優勢なのかという印象ですけれど、

果たして、簡単に112円を割るでしょうか。

 

8時間足

f:id:soubanotakumi:20170719040816p:plain

上の抵抗体は、図の書き込み通りで、3尊を作った形で、

目先の上値抵抗でしょう。(112.7~113円から上)

 

下に買い支えをした人達を思い出すと、

図に示した通りで、

 

これまた、買い意欲が強かった事を思いだします。

今は、この小さな値幅内でしか、トレンドというものは生まれず、

短期デイトレでも、値幅は極限定的でと思われます。

 

今後仮に112円を割り込む動きとなると、

どういう事になるでしょうか、

 

月足 一目均衡表

f:id:soubanotakumi:20170719041851p:plain

月足を出すのは、まだ早いのですが、

もし112円を割り込む形となると、

月足雲入りなんですよね。

 

赤丸内は、既にボックス相場を示していますが、

更に掘って考えてみましょう。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20170719043001p:plain

週足で見ると、揉み合いそうな雰囲気がありますが、

今後の遅行スパンの動きでは、

114円ブレークアップの可能性も

否定された訳ではありません。

 

今言える事は、

長期トレーダーもが動く、超安定トレンは、

まだ先で、待たねばならない。

という事だと思います。

 

そういえば、株の日経も、

買い派と売り派に真っ二つ。

って言っていますよね。

 

株の方も、まだ、結論が(決着が)ついていないのが、

現状ですよね。(私は売り派ですが…)

 

ここら辺で動いても、おかしくありませんが…。

 

日経225  円建て

      ドル建て     日足

f:id:soubanotakumi:20170719045650p:plain

 

私は図の感じで、株の方は見ていますが、

もしかしたら、今週動くか?

 

そうすると、為替ドル円も…。

 

今日はこの辺で…。