FX相場の匠 blog

デイトレ

7月28日 早朝

おはようございます。

 

前回の日記が日曜日、

そして今日はもう金曜日、週末。

 

その間、節目を2つ作ってくれました。

(日記を読んでくださっている方、すみません)

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20170728040000p:plain

こう見ても、前回の分析から、

節目のラインが、大きく変わった所って、無いんですよね。

 

前の日記を読み返してみましたが、

おおむね①番の予想が、該当しているようです。

 

ライントレードって、凄いですね。

 

さて、先週末に112円という節目を割り込んだ後の推移は、

 

下が110.5~6円

上が112.1円

 

図に書き込んでみましたが、

今週はしっかりと上の112円では叩かれ推移。

 

こう見て行くと、

112円から上の存在は取り残された買い玉達で、

今の所、鉄板の節目(112円)として作用しいると、考えています。

 

より大きな時間軸でトレンドを考えると、

どちらかというと売り目線ですので、

 

112円で、より小さな時間軸で、

天を作ってくれれば、結果がどうであれ、

売りエントリーせざるを得ません。

 

では、下は?

と考えると、ここら辺、マネジメントが必要と思います。

 

8時間足

f:id:soubanotakumi:20170728042404p:plain

今の値から直近の青枠と、黄色枠が綱引きとして

作用する事は道理だと思います。

 

現在、112円を割っていますので、

黄色枠の中を推移し、どこまで、穴をあけられるか、

試している所が、今週の展開です。

 

今現在下の重要な節目は110.5円位なのかな?

と考えていますが、

 

仮に、この110.5円を否定し下落足が出ると、

上には(110.5円上)、更なる抵抗が出来ますので、

日足という大きな時間軸でも下落という、フォースが生まれそうです。

 

あくまでも過程ですが…。

 

逆を言うと、110.5円位は、

買い目線のポイントにも適用となります。

 

ちょっこらチョイでは、割らないとポイントと、

私は考えていますが、

それだけ節目として見ています。

 

これで週末を向かえますね。

また、週またぎの海外投資家の企みでしょうか。

金曜日の夜半の動きが、とても気になりますよね。

 

では、静観して見てみます。