FX相場の匠 blog

デイトレ

ブレークポイント復習

おはようございます。

 

先週慌ただしい中(私生活が)、

復習しておきたいな~。

 

と思った事が、ありましたので、

 

忘れないうちに、記録したいと思います。

 

7月28日 1時間足

f:id:soubanotakumi:20170730143306p:plain

 

前回7月30日の、日記にも載せた、1時間のチャート図です。

 

28日夜半、参戦していたのですが、

その時の感想です。

 

図の赤丸印は、一番左が111円ブレークアップの足。

残りの3つが、その111円を確かめる、

反発の確認足。と考えています。

 

「3」という数字を、意識して、

111円が節目という事が、チャートからわかります。

 

まあ、111円ブレークダウンを狙っていたのですが、

モデル的と言えるほど、キレイ下げてくれましたので、

脳裏に焼き付いている訳です。

 

図で言う一番右が、そのブレークダウンのところですね。

 

これを15分足で拡大して見てみます。

 

15分足

f:id:soubanotakumi:20170731035946p:plain

図の青丸印の所って、

抜群の売りエントリーポイントですよね。

 

また、ブレークした、しない。

 

という判断は、非常に難しい所で、

まあ、何度も失敗している私です。

 

ですが、こういった、

複数時間でチャートを見て行くと、

そう、騙されること無く、

判断できるのではないかと思います。

 

もう一つ、同じ15分足ですが、

こちらも。

 

15分足

f:id:soubanotakumi:20170731040719p:plain

トレード中は、一寸先は闇。

全く見えません。

(先を消しました)

 

こういった中で、私たちは、

売買判断を、決断して行かなければ、ならないのですが、

実際、この先が見えないチャートでは、

 

下ヒゲ連発で陽線(*^^)v

  買いじゃ~! って、

 

判断してしまうかもしれません。

 

少なからず、私には迷いがあります。

 

ですが、複数時間というチャート読解を進めると、

こういったミスを減らせると考えています。

 

たった、1時間と15分のチャート2枚を

見比べただけですが、どうでしょうか。

 

複数時間でトレンドを把握する事の重要性が見えてきます。