FX相場の匠 blog

デイトレ

8月2日 早朝

おはようございます。

 

今日は、なぜか日記が、書き出しにくいのですが、

まあ、その理由は、

 

今後の相場展開が、難しい局面になっていくのかな?

と考えている為です。

 

解りやすい所だけ、トレードすればいいだけの話なのですが、

チャートバカとしては、毎日追いかけている相場が、

 

今の局面が、難しいのか、優しいかを、

自分自身で判断出来るか、不安。

という事です。

 

優しい相場から、いきなり乱高下に巻き込まれて、

気がついたら、難しい相場で、戦っていた。

なんて言う事は、よくある事です。

 

こう考えるその理由を、

チャートから見てみます。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20170802040140p:plain

日足ですが、ストキャスティクスの、

オシレーターを追加したチャートです。

 

日足って、見ているトレーダーが沢山いる為、

毎日必ず見なくてはならない時間軸だと、

私は思っています。

 

超大雑把に見て、図の青枠は、大きなボックス相場ですよね。

水色のボックスから、大きな青ボックスへ変化しました。

(108円~115円)

 

ボックス相場という事で、ボックスでの戦い方の一つに、

オシレーターを併用していくと、上手くいく事が多いのですが、

 

簡単に高値圏と安値圏での売買ポイントが、

一致する事が多いという事です。

図で言う赤丸青丸です。

 

今のオシレーターは安値圏ですよね。

 

この青枠を抜くときには、

オシレーターダイバージェンスを生んだり、

50%ライン位で反転する事になるのですが、

今回下落となるかどうか?

 

という事で、不安が募ってきている訳です。

 

ボックスの上端、下端という位置では、

当然ながら、買いと売りの拮抗が起きますし、

今回の下落勢いが、結構なもので、

もう110円迄下げていますよね。

 

今まで、あげてきた、

112円

111.5円

111円

 

という節目と見ていた所の抜き去り方、

また、反発後の戻り方を見てきて、

今は、かなり弱い相場という印象が強い事も、事実です。

 

ところで、トレンドって、

 

 転換するよりも、継続する確率の方が高い

 

というダウの名言があります。

 

いまの青枠相場が、下値破りが簡単に行われるとは思えず、

青ボックスが継続されるのか、

判断していく。

 

というのが、この後の大局的な見方で、

臨みたい所です。

 

今日は細か事は、一切書きませんけれど、

自分を見失わない様に。

という意味で、違った目線で書いてみました。

 

この後、数日、日記疎かになるかもです。

 

では、また次回。