FX相場の匠 blog

ドル円デイトレ

心の歪み

今回の内容は、反省文です。

(2017年9月24日(日)に書いてます)

 

今週、

私生活の忙しさに加え、仕事の多忙が重なり、

とても、トレード出来る状態では無かったのに、

やってしまいました。

 

慌ただしくしている自分の横で、

相場が誘うんですよ。

 

  早く、トレードしろよ って。

 

相場バカですので、甘い言葉に乗り、

結果、最後は連敗です。

 

そんな一週間を過ごし、

昨日マーケットが引けた後、我に返り、

 

  今日は反省文から書こう。

 

という次第でございます。

 

今月は月初の反省会で、背筋を正して、

ココまで、いい成績で来ていたのですが、

 

連敗を期すと資金の減りが、とてつも無く早く、

マジであっという間。

 

相場の怖さを、再度知る事と共に、

自分の弱さも、突きつけられた瞬間でした。

 

-------------------------------------------------

 

そもそも、トレードって、どういう物か?

と問われると、

 

勝ちトレードと負けトレードの勝敗が、

ランダムに分布していて、

 

最終的に利益が残る事を前提に、考えられた行為。

と、私は思っています。

 

当然、負けトレードがあってもいい。

 

というか、

負けトレードは、必ずある物だと思います。

 

そりゃ、誰だって、

すべて正解でありたいですよね。

 

テストで100点取れば、嬉しいに決まっています。

 

ですが、相場は違うんですよね。

100点という事は、あり得ない。

 

ここら辺が、自身で理解が足りないのか、

また相場との、向き合い方に、

軽率な面が残っているというのか、

今回姿勢を正す、いい機会だと思います。

 

 

以下、今回失敗した時の、

自身の心の状況を書いてみますね。

 

2連敗した時は、必要経費という考えで、

特段に心の動揺は無く、

 

 あ~あ 負けちゃった。

 

そんな程度でした。

 

ですが3連敗目で、

やっと自分で気がつくんですよ。

 

あっ。ヤバイ。

コレは、トレード出来ていない。

 

つまり、バクチに近い売買。

(感トレード)

 

負けて、

頭に、カ~っと、血が上り、興奮すると共に、

 

  負けた…

 

と思った瞬間でした。

 

こういう一連の流れの中で、考えられることですが、

勝ち負けはランダムに分布するので、

3連敗も、当然あって、おかしくないのですが、

 

 ここで、待った

 

を、かける必要性があると思います。

 

2連敗した所で、波に乗れていないのではないかと疑い、

一回相場から離れて、考え直すとか、

2連敗したら、最低一日は、トレードしない。

とか、

 

そういった、自身を修正していく為の、

自己ルールを、再度整備する事となります。

 

今回悪い自分の見本を、書いてみましたが、

こういった、経験って、誰にでもありますよね。

 

私達、人間というものは、

非常に我がままで、自己中心的で、身勝手な生き物です。

 

こういう性質の、人間という生き物である以上、

 

それを認知し、コントロールする能力を、

相場は試されます。

 

だから、自己のルールを厳しく設定し、

ルールに沿った行動を、取らなければならないと思います。

 

  出来なければ…

 

いずれ、退場です。

 

  怖いですな~。

 

凹んではいけません。

自分を修正して行けばいいだけの事です。

 

気を取り直して行こう!

 

今日は秋のお彼岸。

ご先祖様に叱ってもらう事と致します。

 

では失礼いたします。