FX相場の匠 blog

ドル円デイトレ

10月15日 日曜日

10月、既に半分終了。

 

最近の株高と言ったら、物凄いもので、

ドル円との歩調が、ずれている様に思えます。

 

私、最近は株の方は、手を出していなかったのですが、

今日確認したら、こんな事になっていました。

 

上段 日経225  日足

下段 USD/JPY 日足

f:id:soubanotakumi:20171015040859p:plain

今年2月からの、日足の軌跡を比較してみようと、

並べた図です。

 

大体は、為替先行の、後追い日経が多い相場の中、

日経だけは、依然として高値更新。

 

10月3週目にして、やっと息切れするか?

 

ドル円が、このところ頭打ちになってきましたからね。

 

どうなるでしょうか。

 

では、いつものドル円を見て行きます。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20171015041826p:plain

週足ですが、超大雑把に波動を掴んでみました。

図の緑色曲線です。

 

山と谷の上下波動を繰り返し、10月第2週は陰線。

山の頂になるか、それともこの陰線を打ち消す、

上昇波動が生まれるのか、考える所だと思います。

 

直近2本の足を組み合わせて考えると、

1個前の週足は否定。

 

この2つのローソク足で考えてみて、

上が重くなったことは事実として、受け止めます。

 

その内容を、日足目線で、何が起こっているのか、

見て行こうと思います。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20171015042939p:plain

週足の作図を、日足に落とし込みました。

大体の流れは、こういう事でしょう。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20171015044117p:plain

週足程の流れで、過去に作った山の頂A枠は、現在否定。

ラインでこんな所でしょうか。

 

直近から上に見る、

112.7~113円付近に引けるラインは、

 

現在の所、圧倒的な存在で、

役目を果たす節目と考えて良いと思います。

 

また、112円というラインは、今まで散々機能してきた節目で、

現在少し割っていますが、ここら辺を下位時間軸で、

見て行こうと思います。

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20171015052237p:plain

日足で112.7円付近に、大きな節目がある事を確認しました。

 

4時間の軸に落とし込んだところで考えると、

今週、黄色枠を否定してきた過程で、

上に出来た抵抗体。

 

という事でしょう。

 

4時間の軸で112.5円位にラインを引いていましたが、

日足の節目と、合算して考えていいと思います。

 

大きな目線で、A枠を否定した一連の流れという事で、

上への、しこりとして、まとめたいと思います。

 

1時間足

f:id:soubanotakumi:20171015055151p:plain

見ずらいですが、日足の節目が茶色枠。

 

上は 112.7円位

下は 111円位 (青枠3番上端)

 

これが大きな節目で、

4時間のトレンドと、1時間のトレンドを、

組み合わせて考えると、こんな図でしょうか。

 

4時間のトレンドは、圧倒的な存在ですね。

 

 上 112.3~112.5が、4時間で作った節目(1時間の揉み合い)

 下 111.7円

 

こう考えると、トレンドが発生する、しないが、

解りやすいと思います。

 

週明けは、この図でトレードして行こうと思います。

 

 

今日は、小雨の中、地区の運動会。

いい加減、他人の時間を取らないで欲しいものです。

 

しかも、夜半から仕事ですし…。

いったい、いつ寝りゃいいのだ?

 

トホホ…(;´д`)。