FX相場の匠 blog

ドル円デイトレ

12月10日 日曜日

日曜日です。

 

週末金曜日、先日労災死してしまった元同僚の、

葬儀に行ってきたのですが、非常に悲しいものでした。

 

未だに、彼が他界したという事実が信じられず、

まだ生きている。いや、生き返る。

 

って、どうにでも否定する、

もう一人の自分がいるんですよね。

 

ここで連想する、アホな私なのですが、

 

亡くなったという現実を、

真摯に受け止めることが出来ず、

悪あがき(否定)する。

 

んんっ? なんか似ていません?

 

相場で、

建玉を建てたが、思惑通りに行かず逆行。

 

ロスカットラインにまで、どんどんと損失を膨らませながら、

逆行する建玉を、受け止められなかった事って、

有りませんでしょうか。

 

少なからず、誰にでもあると思います。

 

そういった、

ロスカットに引っかかるリスクというものは、

常に付きまとう訳で、

 

私達が、普段何気なく生活している中でも、

知らないうちに、リスクと向き合っている事を、

考えさせられました。

 

マジで、そんな事考えていると、

たった一度きりの人生、やりたい事をつき進んだ方が、

 

意外と充実し、納得いくものでは無いかと考える、

今年44歳、疫病神のオッサンです。

 

さて、前置きが長くなりました。

 

リーディングに行きたいと思います。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20171210081844p:plain

 

簡単に考えて行きます。

 

大きな目線では、緑枠の中でラリーが繰り広げられています。

上端と下端で、共に3回ずつ跳ねて、

枠内での動きに終始しています。

 

先週月曜日、ギャップアップスタートで始まった足ですが、

見事なまでに、週足で陽線を刻んだことは、

非常に意味深いものだと考えています。

 

この週足で緑色枠内でありながら、

チャートが良化してきているのではないかと、

考えています。

 

移動平均線は、パーフェクトトレンドになる所での陽線。

 

週足 一目均衡表

f:id:soubanotakumi:20171210082949p:plain

均衡状態を考えると、パーフェクト!

マジで??

 

上端ブレークスタンバイ,OK?

 

そんな流れに、市場参加者たちは、

期待を寄せ始めている様に感じ取れます。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20171210084359p:plain

 

 

もう、何度も何度も書いている内容ですが、

もう一度整理です。

 

図の左から、

赤枠は緑枠に入る為の、揉み合い枠。

で、ブレークダウンで1枠まで。

 

戻りを試したが、赤枠の存在が大きく、

Aまでで撃沈。

2枠、B枠、3枠、C枠と続き、

 

C枠を否定され、更に112円割れもあり(黄色枠)、

3枠まで下落かと思いきや、

112円割れは、ダマシだった。

 

そんな流れで、再度、C枠に挑戦している所の、

チャート図だと思います。

 

日足 一目均衡表

f:id:soubanotakumi:20171210085302p:plain

112円割れが、ダマシ確定となった今、

青丸印の遅行スパンの差し込みも、

否定される事になるんですよね。

 

つまり、均衡状態で考えると、

遅行スパンは、再度上抜けに差し込み返して来る。

 

こういう、市場心理状態に、傾いている状況だと思います。

今は、買いの期待。

 

雲抜けと同時に、一気に緑枠上端ブレークしても、

不思議ではありませんし、

また、その期待が無残にも打ち砕かれれば…。(売り)

 

まあ当面、買いの流れでついて行っていいと考えています。

以外にも、週明け、

いきなり、ギャップアップスタートの展開だったりして…。

 

もう少し細かく見てみたいと思います。

 

8時間足

f:id:soubanotakumi:20171210091413p:plain

 

C枠付近の全体像を考えられるのは、

この8時間でしょうか。

 

4日のギャップアップで、112.5円付近は、今の所下値支持。

寄り天と、私は考えていた、113円節目も、今はクリア。

 

次なる上は113.7エリア。

下値支持は113円付近。

 

ここら辺を意識して、週明けの作戦組み立てと、考えています。

 

1時間足

f:id:soubanotakumi:20171210092334p:plain

 

今言えるのは、ここら辺まででしょうか。

 

下の113円は、固いはずの節目支持帯。

また、113.7円以上の節目を超える程の勢いが出るのか。

 

こういった事を天秤にかけながら、

大局的トレーダーの流れに逆らう事なく、

考えて行きたいと思います。

 

今日はココまで。