FX相場の匠 blog

ドル円デイトレ

180114 日曜日

おはようございます。

 

休日、日曜日です。

 

まだ、正月ムードが各地にある様で、

我が会社の、新年会も昨夜。

 

実質、新年明け稼働していくのは、今週第3週辺りからでしょうか。

 

そんな中、ドル円相場は、割と深い陰線をつけ、

株とのアンバランス相場に、頭が悩まされる所です。

 

ドル円が、遊ばれているのか、日本株か、

絶好調ダウは本当の姿なのか、

 

こういった、マーケット全体を考えて行く事って、

楽しいのですが非常に難しく、

 

また、こういった疑問を、

一つ一つ紐解いて行く事で、発見できることって、

良くあります。

 

何が言いたいかというと、

いつも見ている、ドル円相場を読むのにも、

ただ単独で、ドルのチャート見るのではなく、

 

マーケット全てが、関連して動いている。

という事を自身で、再度周知したいという事です。

 

また、解らない事を解ろうとしてもしょうがないので、

解る時が来るまで待つ戦術も、正しいものと思います。

 

前置きが長くなりました、

ではリーディングの方を進めていきます。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20180114053751p:plain

 

第2週陰線!

 

5個ほど前のギャップを埋める陰線。

上を否定した陰線。

 

トレンドはフレンド、という古い相場格言通りなのか、

まだまだ緑枠という大きなボックストレンドは、

継続される展開となりました。

 

直近陰線ですので、目先下方向なのですが、

下とのバランスもこれまた、難しい所で、

 

下をこれ以上追えるのか、また、ココで反転するのか、

以下の下位時間軸で、精査して行く事とします。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20180114055154p:plain

 

一番重要とも言える日足に時間をかけ、考えています。

左から、3番という下のボトムをつけた支持帯は、

110.5円下位でしょうか。

 

丁度北朝鮮ミサイル発射騒動がされている時で、

3番青枠も、鉄板的な下値支持帯として、

機能していた事を思い出します。

 

3番枠から、赤丸のブレークアップの足で、

上に出たローソク足達は、

今度は、上の抵抗体を確認する形を描いています。

 

 

こう見て、どうでしょう。

112円上の軌跡が、かなり強く打ち砕かれた印象で、

 

特にオレンジ枠を否定した事は意義深く、

失望の度合いが大きかった現れが、この週足大陰線。

という流れだと思います。

 

現在陰線の下の流れですので、

当然下の3番枠を、意識しなくてはならないので、

 

つまり、週明けからは、111円下エリアを、

どのように突っつくか、考える所と思います。

 

まさか、とは思いますが、

一発否定で、青枠エリアに足を踏み入れる事も、

少しは想定したいですが、

 

111円下は、一旦は跳ねるポイントではないかと、推測しております。

 

日足 一目均衡表

f:id:soubanotakumi:20180114061104p:plain

 

 どうでしょう、直近与える節目を拾い出すと、

 

上は当然 112円

現在値でもあり、一旦跳ねている 111円

下は 110.5円

 

ここら辺でしょうか。

均衡状態を見ると、これもまた厳しいものなので、

 

直近の値、111円の処理法を、短期的に模索し始めるのではないか。

というまとめで、いいのではないでしょうか。

 

111円の処理の仕方で、

上の112円を確認しに行くのか、

 

111円割れで、青3番枠に挑戦しに行くのか、

意見が割れる所ではないでしょうか。

 

大きな目線では、まだ下方向と見ていますので、

自分の位置を見失わないよう、

週明け見て行こうと思います。

 

12時間足

f:id:soubanotakumi:20180114062433p:plain

4時間足

f:id:soubanotakumi:20180114063109p:plain

 

2枚の図を見比べて、現在値111円でどう処理するか?

という事で、週明けスタートです。

 

今言えるのは、ココら辺までで、

これ以上の事はいっさい解りません。

 

節目を、一つづつ確かめていくと、

いつトレンドが発生するか、解って来るものと思います。

 

ではこの辺で。