FX相場の匠 blog

ドル円デイトレ

180216 今日のチャート

おはようございます。

 

金曜日の朝です。

 

あと一日で、週を終え、週足が確定するのですが、

今の所、週足陰線をまず引いて来るとして、

かなり嫌な形で、今週クローズとなるのではないかと、見ています。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20180216035455p:plain

 

雲下端と緑枠下端、否定足。

 

どうでしょう、もう一度、雲入りしようと、

モガク足が出て来るのか、

 

緑枠という揉み合いを否定したフォースという物は、

それなりの、勢いを持っていると私は考えます。

 

緑枠で買っている人達というのは、下端を否定されれば、

下ブレークとみなされ、買い玉があれば、

売りに動かざるを得ないと思います。

 

 

さて、下の目処は、キリのいい100円位が、

既に視野にはいってくるのではないでしょうか。

 

月足

f:id:soubanotakumi:20180216040800p:plain

 

これまで、何度か書いてきた内容ですが、

超長期的目線で見ると、

 

上の天井は125円

下の底が75円

 

ここで、フィボナッチ数列を併用すると、

半値が100円。

3分の1下落位置が、約106円。

 

まさに、106円付近というのは、今の価格。

緑枠否定という勢いは、月足雲下限にまで

及ぶのではないかと、考えています。

 

ここまでは、大きな目線で、

以下は、今週の日足の流れと、

現在の緑枠との位置関係を確認してみます。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20180216041904p:plain

 

何度もやっている内容ですが、緑枠の枠組みは

1番からAそしてCまで来て、今回下限を割った状況です。

 

先程の数列で、106円位に重要な節目抵抗体があるのではと、

推測しましたが、

 

どうでしょう、ココら辺で反転揉み合い足を作り、

上を完全否定した時が、超暴落という事になるのでしょうか。

 

今の日足目線で、108.5円下方向へトレンド発生中ですが、

再度雲下限を確認する戻りがあるのか、

 

そういった複合的視点で見て、

今の値崩れを後押しする事となれば、1ドル100円視野?

 

なんて目論んでいます。

 

1時間足

f:id:soubanotakumi:20180216042927p:plain

 

15分足

f:id:soubanotakumi:20180216043743p:plain

 

1時間と15分の軸を並べて考えて、

トレンドがどのように発生しているのか、

見ている所です。

 

この様に見て、今日の東京あたり、

青枠内で揉み合って、値を維持させ株を釣り上げ、

 

翌週にお先真っ暗。

 

なんているシナリオが、第一想定と見ますが、どうでしょう。

 

DJI 日足

f:id:soubanotakumi:20180216044553p:plain

 

最近大きく崩れたダウですが、

今週値を戻していますよね。

 

今のドル円相場と比較して、考えている所で、

このダウの戻しは、最後の逃げ場か?

 

という大胆な考え方をしています。

 

トレンドに従うと

下落への転換の一時期的な戻りの再上端が、この捨て子首吊り線??

 

そんな風に考え、日本株との連想もしています。

 

日経225 日足

f:id:soubanotakumi:20180216045845p:plain

 

この位置で、ダウが崩れたら…。

 

くたばった日本株も、

相当なダメージを受けるのではないでしょうか。

 

投資主体別売買動向

f:id:soubanotakumi:20180216050649p:plain

 

1月第3週より、海外勢の売りが目立ってきました。

反面日本勢は買い越し。

 

これは、狙われている様に思うのですが…。

 

時間が無くなりました。

この辺で。