FX相場の匠 blog

ドル円デイトレ

180217 土曜日

おはようございます。

 

休日で早起きして、チャートとの対話を楽しんでいます。

 

今日は、いつもとは違う視点で、

チャートを見て行こうと思います。

 

ドル円/ユーロ円 週足 比較

f:id:soubanotakumi:20180217063151p:plain

 

最近、世界的にマーケットの動きがありますので、

多角的な視点という事で、

 

ドルとユーロ、対円相場の、

比較チャートを見ています。

 

上段ドル円チャートで、いつも追っているのが、

緑枠の高値と安値でのラリーで、上下に波動を描いていました。

 

その波の反転ポイントに印をつけ、

下段ユーロ円チャートにドラッグし、

波動を比較して見ている様子です。

 

上段赤枠という物は、上を完全否定する揉み合い枠も、

そのまま下段に移し検証をしている所です。

 

ココで気がつく点ですが、

ユーロのチャートで、天井シグナルが多い事。

 

そして、今回ドル円が緑枠下端を割ったのですが、

高値安値を維持している、ユーロの崩れはいつなのだろう。

 

という疑問が浮上しています。

一目チャート上では、まだユーロには余力がありそうです。

 

日足 比較

f:id:soubanotakumi:20180217071239p:plain

 

日足での比較です。

 

崩れたドル円チャートですが、このまま更に下落を追うにも、

ユーロチャートでの崩れも必要となりそうです。

 

ユーロのチャートでも、赤枠という物は、

絶対的たる節目と見ています。

 

今回このポイントで反発するかですが、

ユーロチャートで、3波動目のイメージは描けないでしょうか。

 

つまり、ココから下げるにも、もう少し力が必要かと。

 

ドル円が来週更に下値を追うかは、

こういった複合的要素が、必要かと思うのですが、

 

ドルユーロに関わらず、

ダウも相変わらず値を保って引けました。

 

ダウ日足

f:id:soubanotakumi:20180217072523p:plain

 

しぶといDJIですが、

昨日からもう一本足が加わり、昨日の首吊り線イメージはハズレ。

 

来週、高値を更新できるのか、疑問なのですが、

まさか、

ココから戻る事も、想定に入れておかなければと思います。

 

DJI 週足

f:id:soubanotakumi:20180217073810p:plain

 

週足的目線で、

上に天井シグナルが出て、週足陰線2本。

そして、今週陽線を立ててクローズ。

 

まさか、戻る?

 

来週は直近2本の足へ、

どのようにアプローチするかで、流れが決まりそうです。

 

こう考えて行くと、わが戦場のドル円は、

週明け、戦いにくいのではないでしょうか。