FX相場の匠 blog

ドル円デイトレ

180224 土曜日

おはようございます。

 

多忙で、しばらく時間が空いてしまいました。

そして、もう週末。

 

今、5時20分で、まだクローズしていないのですが、

今週の足を、検証していと思います。

 

週足

f:id:soubanotakumi:20180224052049p:plain

 

緑枠下端から、飛び出した陰線に対する、

今週のアプローチですが、上ヒゲ付きの小陽線。

 

先週の陰線の中での動きで、

これをどう読むか。

 

上ヒゲがやや長めですので、上が重い事が解る事と、

下は今の所、何とか食い止めた状況という見方でいます。

 

先週の陰線は、

ボリンジャーバンドのマイナス2σをも、飛び出す勢いですので、

 

下方向への勢いが、

たった1本の陰線で、終わりという見方は。

まだ早いかと思います。

 

今週の足は、調整足で、

次なる力をため込んでいる状況ではないでしょうか。

 

日足

f:id:soubanotakumi:20180224053047p:plain

 

この移動平均線の並びを見ると、恐ろしい事ですわ。

上より下。

 

という考えは、今の所継続せざるを得ません。

 

ただ、下は106円でコツンと底打ちした感ありの、

日足連続陽線が教えています。

 

こう見ると、大局的目線で、

上の大きな抵抗体は言うまでもなく緑枠全体。

 

では、下は?

 

週足

f:id:soubanotakumi:20180224054900p:plain

 

2016年に、1ドル100円近辺で、揉み合った枠が存在します。

どうもここら辺が、意識されている様で、

一旦の反発という事になったのでしょうか。

 

大きな目線で見ると、

 

上の天井 118円

半値   109円

下の底  100円

 

とう見方で、109円という半値を、

緑枠で否定していますので、

 

やはり先週つけた週足陰線は、今のところ、

上の緑枠否定足という、プライスアクションの足と見ています。

 

今後もう一度、緑枠にトライして来る事はあるのでしょうか。

 

大局的には、こんな目線で見ています。

 

4時間足

f:id:soubanotakumi:20180224060100p:plain

1時間足

f:id:soubanotakumi:20180224060655p:plain

 

緑枠下端から下方に出た軌跡は、4時間足の流れで見て、

その過程で、上と下を、

どのように処理しながら推移したかを、1時間の軸で追っています。

 

下は106円割れで反発し、

青枠という揉み合いをブレークした赤丸が、

ダウ理論で言う切り上げ。

 

日足陽線を、描いている最中がここら辺で、

上は、108円が意識されていたのか、

赤枠を作った過程で、週末を迎える事となりました。

 

両枠へのアプローチで、週初を迎えるのですが、

外部環境を色々と精査すると、

どうも踏ん張るのではないかと、見ています。

 

ダウ日足

f:id:soubanotakumi:20180224061754p:plain

 

世界の中心ダウ平均株価。

足取りが軽いんですな。

 

死んだかと思っていたのですが、

このタイミングで陽線を立てて、下を否定してきています。

 

こりゃ週明け、ドル円は戻るのではないかと推測。

 

揉み合いながら、あの緑枠への処理という事になりそうです。

 

では。